HOME > 診療について > 治療法について > 経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)

経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)

経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)について

大動脈弁狭窄症とは?

大動脈弁狭窄症とは、炎症性反応、癒着、硬化、石灰化などにより大動脈弁が十分に開かなくなる病気です。この病気の患者さんは心臓から全身へ血液を送られるときに大動脈弁が十分に開かなくなるために全身が血行不良となり、失神や運動時の胸の痛み、息切れなどの症状がみられます。重度大動脈弁狭窄症は症状出現後比較的急速に進行することがわかっています。狭心症状出現後は5年、失神出現後は3年、心不全症状出現後は2年が平均生存期間と報告されています。

tavi01.png

大動脈弁狭窄症の症状としては胸の痛み、息切れ、失神が特徴的です。
自覚症状が出現した場合は早めの治療が必要です。  

 

大動脈弁狭窄症の治療方法

重症大動脈弁狭窄症に対する標準治療は外科的な大動脈弁置換術です。薬物治療は大動脈弁狭窄症を根治的に治療することは難しくバルーン大動脈形成術が施行されていましたが、新たな大動脈弁逆流の出現や再狭窄などが報告されており標準治療にはなっておりませんでした。根治的な治療をより体への負担を減らして行えるように新しく開発された治療が経カテーテル生体弁留置術 (TAVI、TAVR)です。
この治療は心臓の大動脈弁がなんらかの理由でうまく開かなくなり、胸が苦しくなったり、息切れが出現するようになった”大動脈弁狭窄症”の患者さんへの新しい治療です。

 

治療のタイミング

息切れ、失神、胸痛などの症状が出現した場合は速やかな治療が必要とされます。一般的には胸痛症状が出現すると余命5年、失神が出現すると余命3年、心不全症状が出現すると余命2年とされています。

tavi02.png

大動脈弁狭窄症の自然歴、弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン「2012年改訂版」

また大動脈弁狭窄症の特徴として突然死が多いことが知られています。無治療の場合は約1/3突然死するとされています。

 

使用する弁

tavi03.png

日本で使用できるTAVI弁は現在2種類です。エドワーズ社サピエン弁、メドトロニック社コアバルブ弁です。現在はサピエン弁、コアバルブ弁ともに次世代型となっておりSapien 3, EvolutRが使用できます。

現在TAVIで使用できる弁はSapien弁(エドワーズ社製)、CoreValve弁(メドトロニック社製)の2種類があります。いずれの弁も世界的に広く使用されています。いずれも金属でできたフレームの中に生体弁(動物の組織から作った弁)を縫い付けたものです。この生体弁は、カテーテル(細い管)を用いて足の付け根の動脈から挿入され、十分に開かなくなった大動脈弁の上に留置されます。また足の動脈が極端に小さかったり、動脈硬化が強かったり、胸部腹部大動脈の屈曲が強い場合には足の付け根の動脈から挿入するのが困難と判断され、心臓のさきからカテーテルを挿入することもあります(Sapien弁の場合)。CoreValve弁の場合は鎖骨下動脈、大動脈から留置することもあります。どの弁を用いるのが良いか、留置方法はどれが良いかの選択は心臓外科、循環器内科を中心としたハートチームでの話し合いで決定されます。

 

tavi_3.jpg

apien弁の留置方法:大腿動脈から留置する方法(上図)、心尖部から留置する方法の2つがあります。 

 

tavi_4.jpg

CoreValve弁の留置方法:大腿動脈から留置する方法、鎖骨下動脈から留置する方法、直接大動脈から留置する方法の3つがあります。

 

TAVIの対象となる患者さん

治療の対象となるのは重度大動脈弁狭窄症の患者さんです。通常の外科手術のリスクが高いと判断された場合にTAVIの適応になります。具体的には下記のような患者さんがTAVIの対象となります。

  • 85歳以上の症状を伴う大動脈弁狭窄症の患者さん
  • 85歳未満で開胸手術に何らかのリスクがある大動脈弁狭窄症の患者さん

他院で開胸弁置換術が困難と判断された高齢の患者さん、多くの合併疾患を持つ患者さんも治療可能な場合が多いのでお困りの際はご相談ください。

 

ハートチーム

TAVI治療は専門のTAVIハートチームにより施行されます。ハートチームとは心臓血管外科、循環器内科、麻酔科、放射線技師、臨床工学士、看護師により形成されるチームです。患者さんにとって最適な治療を選択、施行するために多部門が連携、協力して診療を行います。

tavi04.png

京都大学TAVIハートチーム (2017年7月、術前カンファレンス後に撮影)

 

tavi_5_500.png

毎週月曜日夕方に行われるTAVIハートチームカンファレンス。
心臓外科、循環器内科からなるハートチームでどのような治療法が良いか検討し治療方針を決定します。
すべての大動脈弁狭窄症の患者さんの治療方針をTAVIハートチームで検討します。

 

ハイブリッド手術室

治療はハイブリッド手術室で施行されます。ハイブリッド手術室とは高性能なX線透視装置と手術寝台を組み合わせた手術室のことです。手術室と心臓カテーテル検査の双方の利点を取り入れておりTAVIを施行するためには必須の設備です。当院では2013年11月にハイブリッド手術室が完成しそこで治療が行われています。

 

TAVI4.jpg

当院でのハイブリッド手術室設備

 

tavi_6.jpg

ハイブリッド手術で施行されているTAVI治療の模様

 

当院の治療成績

当院では2013年12月からTAVI治療を開始しており2017年7月までに101例のTAVI治療を行っており、これは京都府下では最も多い症例数です。平均年齢86±4歳と非常に高齢の患者さんが多いですが留置成功率99%、30日死亡率2%と良好な成績となっております*。詳細な治療成績は下記のようになっております。

*留置成功率はVARC2基準に準じて算出しています。

tavi05.png

当院での症例数の推移 (2013.10月~2017.7月)

tavi06.jpg

tavi07.jpg

当院での治療成績(2013.10月~2017.7月)

 

検査から治療までの流れ

当院にTAVI目的にて受診された患者さんはまず約1週間の検査入院を行い造影CT、心臓カテーテル検査などを行います。検査終了後にTAVIハートチームで方針を検討、患者さん、ご家族とも相談のうえ治療方針を決定します。状態の安定している患者さんはいったん退院となり改めてTAVI治療の前に再入院していただきます。状態が不安定である患者さんは検査入院に引き続いてTAVI治療を行われることもあります。

TAVI治療後は心臓リハビリテーションを施行し約1週間程度で退院になることが多いです。

 

医療費について

TAVIは、保険が適応になります。保険適応となる場合は、高額療養費制度(一定額以上は保険組合から負担される制度)も適応になります。自己負担分は、だいたいの目安ですが、70歳以下の人では、180万円(3割負担)、高額療養費制度では約14万円です。70歳以上の人は、所得によって異なりますが、4万4千円くらいです。

実際の医療費は患者さんの状態によってかなり異なりますので、くわしいことは担当医師におたずねください。

 

TAVIに関する研究

京都大学関連病院を中心にK-TAVIレジストリーを構築し定期的に研究結果を報告しています。TAVIは始まったばかりの治療でありまだわからないことも多く多くの知見を蓄積するために積極的に症例報告も行っております。

TAVIに関する研究報告

  1. Takimoto S, Saito N, Minakata K, Shirai S, Isotani A, Arai Y, et al. Favorable Clinical Outcomes of Transcatheter Aortic Valve Implantation in Japanese Patients ― First Report From the Post-Approval K-TAVI Registry ―. Circ J 2016;81:103–9. doi:10.1253/circj.CJ-16-0546.
  2. Hagiwara K, Saito N, Yamazaki K, Kimura T. Aorto-right ventricular fistula following transcatheter aortic valve implantation using a 29 mm SAPIEN XT valve. BMJ Case Rep 2017;2017:bcr-2017-219247. doi:10.1136/bcr-2017-219247.
  3. Fujita T, Saito N, Minakata K, Imai M, Yamazaki K, Kimura T. Transfemoral transcatheter aortic valve implantation in the presence of a mechanical mitral valve prosthesis using a dedicated TAVI guidewire: utility of a patient-specific three-dimensional heart model. Cardiovasc Interv Ther 2016. doi:10.1007/s12928-016-0426-9.
  4. Tsujimura A, Saito N, Minakata K, Kimura T. Distal coronary embolisation during transcatheter aortic valve implantation. BMJ Case Rep 2016;2016:bcr2016216620. doi:10.1136/bcr-2016-216620.
  5. Takimoto S, Minakata K, Yamazaki K, Hirao S, Watanabe K, Saito N, et al. Successful surgical aortic valve replacement for prosthetic valve infective endocarditis following transcatheter aortic valve implantation. J Cardiol Cases 2015;12:20–2. doi:10.1016/j.jccase.2015.03.012.
  6. Taniguchi T, Saito N, Minakata K, Imai M, Watanabe H, Toyota T, et al. Intravascular Ultrasound Observation of an Obstruction of the Left Main Coronary Artery Caused by Displaced Leaflet Calcification and Hematoma After Transcatheter Aortic Valve Implantation. Circulation 2015;131:e345–6. doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.114.014690.
  7. Yanagisawa H, Saito N, Imai M, Minakata K, Fujita T, Watanabe S, et al. Successful balloon aortic valvuloplasty as a bridge therapy to transcatheter aortic valve implantation during the proctoring period. J Cardiol Cases 2015;12:113–6. doi:10.1016/j.jccase.2015.05.006.
  8. Toyota T, Saito N, Minakata K, Imai M, Uehara K, Nishio H, et al. Successful Management of Guidewire Kinking in a Patient With Subaortic Septal Bulging Using the Pull-Through Technique During Transapical Transcatheter Aortic Valve Implantation. Circ J 2015;80:258–60. doi:10.1253/circj.CJ-15-0832.

 

お問い合わせ

心臓血管外科、循環器内科どちらを受診して頂いても同じようにハートチームとして評価、診察をさせて頂きます。お困りの際はお気軽にご連絡ください。

  • 循環器内科窓口  齋藤成達
  • Email: naritatu@kuhp.kyoto-u.ac.jp
  • 金曜日外来 TEL: 075-751-3198 (医局)

  • 心臓血管外科窓口 山崎和裕
  • Email: yamakazu@kuhp.kyoto-u.ac.jp
  • 水曜日外来 TEL: 075-751-3784 (医局)

ページの先頭へ