HOME > 基礎研究グループの活動

基礎研究グループの目指すところ

循環器内科では、心臓や血管の生理的・病態生理的機能の解明をめざし、研究成果を基盤にして、心血管病の成因解明、予防・診断・治療法の確立・検証を目標としています。心不全、動脈硬化、血栓制御、不整脈等いくつかの研究グループに分かれていますが、研究環境は整っており、それぞれ、オリジナリティーの高い研究を志向し、循環器内科学の発展に貢献しようと日々努力しています。若い先生方、一緒に研究を進めてみませんか?はじめは、慣れないかもしれませんが、背景(目的)を理解し、手法を身につけると、すぐに面白くなります。若い先生方の中から、次世代を担うScientistが育つことを私達は切に願っております。また、医学部以外の研究者の参加も歓迎です。多くの先生方の参加を期待しております。
見学希望の方には、いつでも気軽にメールをください。
メールアドレス:kengaku_cardio@ml.kuhp.kyoto-u.ac.jp


また、京都大学医学部附属病院探索医療臨床部にも、心血管・循環器疾患研究部門があります。
炎症性循環器疾患研究室、不整脈・電気生理研究室、動脈硬化・代謝疾患研究室の案内は、以下のアドレスからご覧ください。
京都大学医学部附属病院探索医療臨床部のホームページ:
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~rinsho/research/index.html

心血管疾患分子機構解明グループ

本研究グループでは網羅的スクリーニング系を利用して心血管疾患の分子機序を解明しようとしています。

分子病態学研究グループ

ひとつの分子(ナルディライジン)の研究から、思いがけずみえてきた 様々な生命現象や病気のしくみの解明に取り組んでいます。

心不全研究グループ

心不全をより本質的に理解し、新しい予防、診断、治療法を開発するために研究を進めています。

不整脈電気生理グループ

不整脈発症メカニズムの解明を目的として、特に遺伝子の関与を中心に、臨床的(病態・遺伝型解析)・基礎的研究を行っています。

心血管内分泌代謝グループ

心血管病発症・進展にかかわる神経体液性因子の制御および作用機序の解明を中心に、心不全をはじめとする心血管病の分子病態解明に基づく新しい予防法、治療法開発を目指した研究を行っています。

循環器内科iPSグループ

本研究グループは、ヒトiPS細胞を用いた心臓病の研究を目的とし、京都大学iPS研究センターのスタッフと協力して研究を行っています。

iPS細胞・再生医療研究グループ

iPS細胞を用いた心疾患の疾患研究や再生医療の臨床応用に向けた 研究を行っています。

炎症病態機構解明グループ

循環器疾患における炎症のメカニズムを研究しています。



ページの先頭へ