HOME > 診療について > 病棟医長と外来医長より一言

病棟医長と外来医長より一言

20160705saitoDr.gif

2016年4月から病棟医長をしております。循環器疾患は救急対応が必要な疾患が多く含まれており救急医療を抜きにしては循環器医療は成立しないといっても過言ではありません。京都大学循環器内科では緊急患者を断らないということを基本方針とし診療を行っています。

大動脈弁狭窄症に対するTAVI治療、心房細動に対するアブレーション治療、心房中隔経カテーテル閉鎖術、胸腹部大動脈瘤に対するEVAR、TEVAR治療、重症肺血栓塞栓症患者へのBPAなどの高度医療はもちろんのこと狭心症、心不全などのコモンディジーズも積極的に受け入れています。患者さんのために質の高い安全かつ安心のできる循環器医療を提供し、京都における循環器疾患の患者さんの「最後の砦」としての役割を担っています。

循環器内科 病棟医長  齋藤 成達

 

尾野亘

いつも京都大学循環器内科外来にご協力いただきましてありがとうございます。
循環器内科外来におきましては月曜日から金曜日まで、毎日5~6診察室を開いています。診療対象疾患は狭心症、急性冠症候群、閉塞性動脈硬化症、大動脈疾患、不整脈、心不全、心筋症、心筋炎、肺動脈疾患、弁膜症、高血圧などです。そのほか、先進的な医療に対するご相談、新しい治療法のご紹介についても適宜行っております。各専門外来の詳細については、外来担当医一覧をご参照ください。循環器内科の診療におきましては、特に急性期・早期に診断確定して治療を開始し、病気の進行を抑え、全身の合併症を予防することが大事です。そこで外来を含めた救急体制の充実は極めて重要であり、当科におきましては、かかりつけの先生、また救急部・他の診療科と密接な連携をとり、24時間体制で患者さんの受け入れを行っております。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

循環器内科 外来医長  尾野 亘

 


ページの先頭へ