HOME > 教室について > 臨床教授紹介

臨床教授紹介

臨床教授とは

医学教育における重要な課題として臨床実習の充実があります。単なる見学ではなく「クリニカル・クラークシップ」を導入する必要が示されています。「クリニカル・クラークシップ」とは,医学生が病棟に所属し,医療チームの一員として,実際に患者の診療に携わる臨床実習の形態のことです。基礎的な知識を身につけた学生が医療現場で臨床に参加し,診断・治療を行うことで,医師として不可欠なさまざまな素養を実地に身につけていくことが期待されます。「クリニカル・クラークシップ」実施にあたっては,指導医の確保と教育,臨床実習時間の拡大,臨床実習における選択制の導入,診断学実習の充実と臨床実習前の評価法の確立などが早急に解決すべき問題とされてきました。
この中で指導医の確保のために導入されたのが「臨床教授」制度です。文科省の21世紀医学・医療懇談会の第1次報告(平成8年)の教育部会報告の中で、「医療人の育成を図る上で、臨床実習を含む臨床教育の充実を図ることは極めて重要である。そのために新たに臨床教授制度を設け、大学の教官とともに、大学以外の医療機関等の優れた人材が医療現場での豊かな経験を踏まえ、医療人材育成に参加、協力できる方策を立てることが強く望まれる」と書かれています。
具体的には、第一線の臨床病院で活躍中の先生方に医学生の臨床実習をお願いしています。京都大学循環器内科に関連の深い先生方のなかでも、学生教育を託すに相応しい見識と実績をもつ方に「臨床教授」をお願いしています。 平素の病院業務だけでも多忙を極める先生方に、「臨床教授」として学生教育の仕事までお願いすることは申し訳ないのですが、どの先生方も快く引き受けてくださいました。
それでは京都大学循環器内科の「臨床教授」を御紹介させていただきます。

臨床教授

櫻井 恒太郎 桜井医院
院長
櫻井先生.jpg
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和44
一言 大学定年後に開業し一般内科+循環器診療を始めました。初期鑑別診断や患者さんの社会的背景を踏まえた方針選択に努力をしています。島田市民病院の教育にも参加しています。授業では聴診器の選び方、使い方、聴診のスキル向上法を伝授します。聴診器はこの授業を聞いてから買ってください。

井上 寛治 PTMC研究所
所長
井上寛治
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和45
一言 バルーンカテーテルを用いた僧帽弁狭窄症の治療PTMC(Percutaneous Transvenous Mitral Commissurotomy)、日本語名:経静脈的僧帽弁交連裂開術を京大病院及び島原病院で、又大動脈瘤のステントグラフト治療の臨床応用を京大病院で施行しています。何れも自身が開発に携わっています。新しい治療法の開発の参考になると思います。

 

土井 修 第二岡本総合病院
院長
土井先生.jpg
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和50
一言 医師の永遠の課題は如何にエビデンスと論理に裏付けられた経験を演繹的に組み合わせて作業仮説をたてながら正解=患者の状態の改善に辿り着くかということです。当院は日々の徹底的な議論を通じてこのような力量を養うことができる場でありたいと思っています。更に具体的な場=器として平成28年春に建設中の新病院を開院予定です。京都府南部の中核病院として新たにスタートします。真の患者のための医療を実践したいと考えている諸君は大歓迎です。気軽に小生にご相談ください。 メールアドレス:doi007@titan.ocn.ne.jp

村上 知行 湖東記念病院
院長
村上先生.jpg
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和50
一言 料理の粋は必ずしも有名料亭にあるのでなく、職人気質の割烹にあることが多いものです。循環器内科医としての修行の中には、合理的な思考を備え技術的にも秀でた指導医のもとで症例数をこなすことが何より大事な一時期があります。期間限定で当院の門を叩いて見て下さい。
相談はTomoyuki.Murakami@ma1.seikyou.ne.jpまで。

後藤 葉一 国立循環器病センター
心臓血管内科 部長
後藤葉一
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和51
一言 国立循環器病センターでは循環器疾患に関する幅広くかつ先進的な診療・研究・教育を実施しています。規定によりレジデント受け入れは卒後3年目以降ですが、循環器内科医をめざす諸君にはぜひ一度見学をお勧めします。

 

野々木 宏 静岡県立総合病院
院長代理
野々木宏
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和51
一言 静岡県立総合病院は、循環器内科 坂本裕樹部長、心臓血管外科 坂口元一部長との連携でハートチームを構成し、救命救急センターとともに地域の循環器救急医療の中核として貢献しています。また救急蘇生領域でのBLS、ACLSトレーニングのメッカとして、また国際ガイドライン作成への貢献など、国内外のリーダーシップを果たしています。
是非、京都大学の若い力を期待しています。いつでもお越しください。ホームページ参照ください。http://www.shizuoka-pho.jp/sogo/

野原 隆司 枚方公済病院
院長
野原隆司
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和52
一言 医療への従事を決意した初期の目標を完結できる医療環境を整えたいと思っています。
ER救急と循環器を得意とする総合病院ですが、予防と包括にも重点を置きます。若いスタッフは歓迎です。

小西 孝 大津赤十字病院
循環器内科 部長
 
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和52
一言  

鷹津 良樹 兵庫県立尼崎総合医療センター
副院長
鷹津良樹
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和53
一言 県尼には沢山の優秀な医師を育んだ伝統があります。たとえ研修制度が変わろうと、その貴重な伝統を守り続けたいと祈念しております。

吉中 丈志 京都民医連中央病院
院長
吉中先生.jpg
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和53
一言 京都民医連中央病院は地域医療を支援する急性期・教育病院をめしています。病歴聴取、聴診・触診など身体診察、心電図、心音・心機図、心エコーをはじめとする基礎的検査は心臓病診断学の根幹であり、循環器疾患の診療・教育の基本であると確信しています。少子高齢化時代に適した治療の開発と診療の質の向上を目標に掲げて、多職種が協働して日常診療に邁進しています。

田中 昌 大阪赤十字病院
心臓血管センター長
田中昌
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和54
一言 大阪日赤は大阪市中心部に位置する全23科、1000床規模の都市型高機能集約型急性期総合病院です。循環器科は一般病棟の他に、救急病棟、CCUを保有し、急性冠症候群や急性心不全などの急性期治療に力を入れています。併せて、不整脈グループは頻脈性不整脈のアブレーション治療やICD植え込みを精力的に行っています。循環器治療の醍醐味は、急性期にダイナミックに変動する患者の病態を的確に判断し治療していくことにあり、これらに興味のある若者の参加を歓迎します。

宮崎 俊一 近畿大学医学部循環器内科学教室
教授
宮崎俊一
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和54
一言 昭和54年京大卒業です。平成18年から近畿大学医学部の循環器内科を担当しています。近畿大学医学部は南大阪の大阪狭山市にあって北部和歌山を含む広い範囲から患者さんがやってきます。当科では冠動脈疾患や動脈疾患へのカテーテル治療およびイメージング(内視鏡、OCTなど)、各種不整脈へのアブレーションやICD、ペースメーカー治療、心不全の薬物および非薬物治療(CRT)、心機能や動脈硬化に関する動物実験、など幅広い領域においてスキルアップができます。特に若い先生には理想的な職場となってきましたので、当科への就職に興味のある方は是非御連絡下さい。

木原 康樹 広島大学大学院
医歯薬学総合研究科展開医科学専攻
病態情報医科学講座循環器内科学 教授
木原康樹
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和54
一言 広島大学病院循環器内科は平成20年春に誕生した新しい教室です。広島市は中四国地区の中枢政令都市であり、当教室もそれに相応しい循環器疾患基幹施設となるべく努力を行っております。自ら歴史を作りたい人材が集まってくれることを希望しています。 ホームページhttp://home.hiroshima-u.ac.jp/cardio/を参照ください。

小野寺 知哉 静岡市立静岡病院
循環器内科 診療部長
小野寺先生.jpgのサムネール画像  
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和54
一言 静岡市立静岡病院では、強力な心臓血管外科と協力してハートチームを作っています。循環器疾患患者さんの治療方針を内科と外科で一緒に検討し、患者さんへの最善の診療をめざしています。豊富な症例がある最前線の病院での臨床をぜひ見に来てください。

池口 滋 滋賀県立成人病センター
循環器内科 主任部長
池口滋
出身大学 鳥取大学
大学卒業年 昭和55
一言 冠動脈疾患のインターベンション治療と不整脈のアブレーションおよびデバイス治療を2本の柱とし、24時間対応の循環器救急から心臓リハビリテーションにいたるまで、総合的な循環器診療を行っています。医学部学生の見学・実習から、シニアレジデントさらには循環器内科医師の研修まで積極的にうけいれています。循環器診療のさまざまな分野を学んでいただけると考えます。

 

青山 武 市立島田市民病院
副院長 兼 循環器内科 部長
青山武
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和56
一言  

松田 光雄 市立岸和田市民病院
循環器科 部長
松田道雄
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和56
一言 岸和田市民病院は地域の中核病院として高度医療と救急医療を2本柱にして活動しています。意欲、情熱のある学生諸君の来院を期待しています。

門田 一繁 倉敷中央病院
循環器内科 主任部長
門田先生写真.jpg
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和58
一言 倉敷中央病院循環器内科は、従来、冠動脈疾患診療を得意領域としてきましたが、現在、不整脈、心不全など、循環器領域全般に対して、最新の循環器画像診断(エコー、CT、シンチ、MRIなど)を駆使した質の高い低侵襲の医療を目指しています。また、1例1例を大切にしつつ、豊富な症例をもとに、臨床研究にも取り組み、メッセージを発信できればと考えています。

三木 真司 三菱京都病院
心臓内科 部長
三木真司
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和59
一言  

石井 克尚 関西電力病院
循環器内科 主任部長
石井先生.jpg  
出身大学 大阪医大
大学卒業年度 昭和60
一言 関西電力病院は昭和28年に関西電力社員の福利厚生を目的に大阪の北区に創設されました。昭和42年にここ福島の地に移転しからは地域医療への貢献を目標に、地域に開かれた病院として急性期医療を中心とした診療活動を実践しています。そして本年5月7日に新しく西日本ではもっとも高い18階建ての高層病院として生まれ変わりました。新病院での重点課題として生活習慣病による心血管障害の高度な治療と予防を掲げており、循環器内科はその中で大きな役割を果たしています。スタッフは若手を中心として新しいパワーがあふれています。そのなかで個々の技術力と学問の向上を目指しています。またチームワークの良さも誇りにしています。是非一度、当院に見学に来てほしいと思っています。今後とも関西電力病院循環器内科をどうぞ宜しくお願いいたします。

中川 義久 天理よろづ相談所病院
循環器内科 部長
中川義久
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和61
一言 天理よろづ相談所病院は奈良県の天理市に位置する病院で、医学教育で全国に先駆けてレジデント制を導入したことで有名です。循環器疾患はもとより、全科にわたる教育プログラムが充実しています。循環器診療の中でも、虚血性心疾患、不整脈、心エコー、心不全への総合的な治療、二次予防、心臓リハビリテーション、末梢血管疾患、大動脈疾患など総合的に高度医療を推進しています。学生諸君にとっては、一度訪問してみる価値のある病院と自負しています。

 

佐藤 幸人 兵庫県立尼崎総合医療センター
循環器内科部長・診療科長
佐藤幸人先生.jpg
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和62
一言 内科ジェネラルと循環器専門性の両立を目指している。医療は患者の立場に立って考えるのは当然であるが、後輩育成、チームワークについても学んで欲しい。

安田 聡 国立循環器病研究センター
心臓血管内科 部門長
安田先生.jpg  
出身大学 東北大学
大学卒業年 昭和62
一言 国立循環器病研究センターの魅力は、1) 豊富な症例数  2)多彩な専門スタッフ 3) 最新の医療設備 にあります。教育・研修部を窓口にみなさんをサポートします。一度是非 「こくじゅん」を体験しにお越しください。

 

田村 崇 日本赤十字社 和歌山医療センター
循環器内科部部長
田村 崇
出身大学 京都大学
大学卒業年 昭和63
一言 和歌山医療センターは県立医大と双璧をなす基幹病院であり、救急医療の最後の砦として、すべての患者を断らないをモットーに活動しており、大学病院とは異なる実践的な臨床医療・あらゆる循環器疾患を経験でき、また心臓外科を始め各科と連携を密にとり、先進的医療をおこなっています。和歌山は京都から電車で約1時間半の距離にあり、気候は温暖・風光明媚で歴史的遺産も数多く温泉もあります。やる気のある皆さんの参加を歓迎します。
連絡先メールアドレス tamuratakashi@nifty.com

 

猪子 森明 北野病院
循環器内科 主任部長
猪子先生.jpg  
出身大学 富山医科薬科大学
大学卒業年 昭和63
一言 北野病院心臓センターは循環器内科、不整脈科、心臓血管外科が一つのチームとなって循環器疾患の治療に当たっています。また、多くの疾患を有する重症患者に対しても最適な診療ができるよう、多くの診療科同志が協力体制を構築しています。救急医療から慢性期の心臓リハビリテーションまで、高度医療から基本的診療まで、様々な場面の研修が可能です。医学生の皆様、是非研修にお越しください。(北野病院ホームページへ

 

山崎 博 Director, Interventional Cardiology fellowship program at St John Hospital 山崎博
出身大学 京都大学
大学卒業年 平成1
一言 私は京大医学部卒後すぐアメリカに渡り、内科インターンから始めて、循環器のフェロー、インターベンションのフェローのトレーニングを受け、今はデトロイト郊外で循環器の開業医をしています。アメリカの開業医の仕組みは日本と少し違い、病院とは独立した自分のオフィスで自分の患者を外来診察し、病状が悪化して入院が必要になると、契約している病院に送り、退院するまで必要な検査や治療を自らおこないます。私はインターベンション医でもありますので、カテーテル検査やインターベンションも病院でおこないます。私は今デトロイトのサントジョン病院の循環器科インターベンション部長をしています。アメリカの医療に興味がある方はお知らせください。

古川 裕 神戸市立医療センター中央市民病院
循環器内科 部長
古川 裕
出身大学 京都大学
大学卒業年 平成1
一言 神戸市立医療センター中央市民病院は神戸市の急性期医療を担う基幹病院であり、循環器内科含め、各診療科が第一線かつ先進の医療を行なっています。 歴史ある初期・後期研修医制度のもと、全国いろいろな大学から優秀な若手医師が集まり、お互い刺激し合って活躍中です。
当診療科での研修や実習・見学に興味がある方は当院ホームページ(http://www.kcgh.gr.jp/)をご覧ください(循環器内科は、http://www.kcgh.gr.jp/department/d01/gen/)。私のメールアドレスも掲載されていますので、遠慮なくご連絡ください。

稲田 司 大阪赤十字病院
循環器科 部長
稲田司
出身大学 京都大学
大学卒業年 平成1
一言 当院は大都市中心部に位置する1000床規模を誇る急性期総合病院です。循環器科・不整脈科・心臓血管外科が一体となり心臓血管センターを構成しております。心電図・レントゲン・血液検査・心臓カテーテル・心エコー・運動負荷心電図・心筋シンチ・心臓MRI・CTなどの診断技術を駆使しチーム医療を実践しております。これらの診断技術にも親しみながら、ベッドサイドでの患者診察を通し実臨床の実体験をしていただきます。一方で、当院には救命救急センターも併設されており、循環器スタッフが常駐し急性期疾患の受け入れを行っています。急性心筋梗塞・急性心不全・急性大動脈解離・重症不整脈などの大部分は救命救急センター経由で入院し急性期の治療に当たります。大学とはまた一味違う臨床現場を体験できる環境にあると思いますので、熱意のある学生諸君の参加を歓迎します。興味のある方は小生までご連絡下さい(itsuka@osaka-med.jrc.or.jp)。

安斉 俊久 国立循環器病研究センター
心臓血管内科 部長
安斉先生.jpg  
出身大学 慶応義塾大学
大学卒業年 平成1
一言 国立循環器病研究センターでは、急性冠症候群、急性心不全、急性大動脈解離、急性肺塞栓症などに対する救急医療に加え、心筋症、弁膜症、不整脈、虚血性心疾患、末梢血管疾患、肺高血圧症、成人先天性心疾患、さらに補助人工心臓や心移植など、循環器全ての分野において、豊富な症例と最先端の医療を経験することができます。国内外施設との大規模臨床試験やトランスレーショナル研究なども盛んに行われ、世界で活躍する循環器医を目指す若者達が全国から集まっています。学生実習、病院見学、臨床研修など随時受け付けておりますので、是非、ご連絡下さい。

篠田 英二 浜松労災病院
循環器内科 部長
nophotoのサムネール画像のサムネール画像  
出身大学 京都大学
大学卒業年 平成2
一言  

 

赤尾 昌治 国立病院機構京都医療センター
循環器内科 部長
赤尾昌治
出身大学 京都大学
大学卒業年 平成3
一言 当院は、伏見区を中心とした京都南部の地域医療の中核としての役割を担う基幹病院です。京都市内に3カ所ある第三次救急指定病院の一つで、救命救急センターを擁しています。また、臨床研究センターを併設していることや、京都大学との関係が深いこともあり、アカデミックな雰囲気もある病院です。循環器科症例は多岐にわたり、救急症例が多い利点を活かして、24時間体制で診療を行っています。
伏見は、独特の歴史・文化を持つ魅力ある土地で、新たな発見もいろいろあることでしょう。やる気のある前向きな皆さんが、我々のチームに加わってくれることを願っています。

 

岩永 善高 近畿大学医学部
循環器内科 講師
岩永 善高
出身大学 京都大学
大学卒業年 平成3
一言 循環器病学は予防から末期医療まで、より幅広く、より高度化しており、循環器内科医は今後更に活躍の場が増すものと考えられます。その中で当近畿大学循環器内科は、病態メカニズムの理解に基づいた医療の実践が教育・研究され、かつ専門性と一般性を両立させるべく日常臨床を行っております。医療とは常に変化するものであり、循環器内科にも今後さらに大きな変革がくるものと考えられます。我々とともに、その変化を乗り越え新しい時代を創っていく、個性ある若い先生の参加を求めております。

坂本 裕樹 静岡県立総合病院
循環器内科 主任医長
坂本先生.jpg  
出身大学 三重大学
大学卒業年 平成6
一言 静岡県立総合病院は、
①循環器疾患の急性期疾患(急性冠症候群、急性心不全など)の診断・治療を24時間体制で取り組んでいます。
②320列MDCT、心臓MRI、心臓各医学検査(SPECT、PET)などの専門的検査を駆使し、的確な診断を行い質の高い内科的治療を行っています。
③心臓血管外科とハートチームを形成し、エビデンスに基づき、患者様にとって最適の治療を選択するよう心がけています。
生の医療を体験することで、座学だけでは学べない貴重な経験を得ることができると思います。興味がある方は気軽にご連絡下さい。

安藤 献児 小倉記念病院
循環器内科 主任部長
ando.jpg  
出身大学 京都大学
大学卒業年 平成7
一言 小倉記念病院は九州の玄関口である北九州市の中心地・新幹線小倉駅北口にある653床の総合病院です。循環器内科は、冠動脈インターベンションの創成期から日本有数の症例数を治療しており、冠動脈インターベンション以外にも末梢血管インターベンション、構造的心疾患のカテーテル治療、カテーテルアブレーション、不整脈や心不全に対するデバイス治療等、多岐の分野にわたって力を入れています。そして心臓血管外科・血管外科と共同で、一般病棟230床、CCU20床、セミCCU20床等を運営しています。循環器内科を志望する、我こそは‼と思う若手ドクターの参加を歓迎いたします。


ページの先頭へ
  • 患者様へ
  • 学生・研修医の皆さんへ
  • 同門会の皆さんへ

京都大学大学院医学研究科
循環器内科

〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町54

交通アクセス

TEL:075-751-4255
FAX:075-751-3299


Facebookもチェック