心臓弁膜症

心臓は血液を全身に血液を循環させるポンプの働きをしていますが、効率よく血液を送り出すため心臓には4つの弁があり、ある程度血液をため、押し出した後、血液が後戻りしないように働いています。弁膜の病気としては弁の開きが悪くなる狭窄症と弁の閉じ方が悪くなる閉鎖不全症(逆流)がありこれらを総称して心臓弁膜症と呼びます。悪くなっている弁の名前に狭窄症、閉鎖不全症をつけると病名となります。弁の働きが悪くなるとポンプとしての効率が落ち、心臓に負担がかかります。心臓がこの負担に耐えられなくなった状態を心不全と呼び、徐々に息切れ、呼吸困難、むくみ等の症状が出ます。症状が軽い場合には心臓の負担を軽減するため、安静や薬物による内科的治療を行いますが、重症となった場合には外科的手術で弁膜の修復または交換する必要があります。
また悪くなった弁膜には細菌がついて繁殖する危険性が高くなるため、心臓弁膜症を持つ患者様には歯科で抜歯等の処置を受ける際には抗生剤による予防的治療を受けるなど対策が必要です。


ページの先頭へ