狭心症

 心筋を養う冠動脈の内腔が狭くなって、心臓の筋肉に十分な血液が流れなくなる状態です。心臓に必要なだけの栄養と酸素がなくなると、心筋は酸素と栄養不足に陥ってうまく働けなくなります。この時に患者さんは胸が締め付けられるような痛みを感じます。これが狭心症の発作です。冠動脈は狭くはなっていても、完全に閉塞しているわけではありません。そのため少しは心臓の筋肉に栄養と酸素が供給されていますから、心臓の筋肉が壊死に陥ることはありません。これが狭心症と心筋梗塞との最大の違いです。狭心症の発作は普通長くとも15分以内に終わります。30分以上発作が続くときには冠動脈の血流が完全に途絶えている急性心筋梗塞を疑う必要があります。狭心症は労作性狭心症と安静狭心症に大別されます。それぞれについて説明しましょう。

労作性狭心症

 労作性狭心症は、階段を上がったり、走ったり、興奮したりして心臓に負担がかかった時に発作が起こるものです。静か に休んでいる時には発作は起こりません。冠動脈が動脈硬化のために狭くなり冠動脈の血流(冠血流といいます)が少なくなっているために起こるものです。

安静狭心症

 労作性狭心症が労作時に一致して発作がおきるのに対して、逆に夜中に寝ているときや静かに休んでいるときに突然胸が苦しくなるものを安静狭心症と言います。安静狭心症は冠動脈の攣縮(れんしゅく)、つまり血管が「けいれん」を起こして一時的に狭くなる状態が発作を起こしていると考えられています。安静狭心症とは呼ばず、冠攣縮性狭心症という場合や、異型狭心症という場合もありますが同じ疾患と考えてよいものです。

ページの先頭へ