HOME > 診療について > 治療法について > 心臓病のお薬について > 高脂血症治療薬(HMG-CoA還元酵素阻害薬)

高脂血症治療薬(HMG-CoA還元酵素阻害薬)

血中のコレステロールを下げます。

院内でよく使われるお薬

メバロチン錠、リポバス錠、ローコール錠、リピトール錠、リバロ錠、クレストール錠

作用

 動脈硬化が誘引となる心筋梗塞や狭心症には高脂血症が大きく関わっています。血液中の脂肪の量が多くなると血が固まりやすくなり血管がつまることにもつながります。
 HMG-CoA還元酵素阻害薬は肝臓でコレステロールが合成されるときに必要な酵素の働きを妨げるお薬です。また血管の内側にたまったコレステロールのふくらみ(プラーク)を安定化することで、血の固まり(血栓)をできにくくする作用もあります。最近では心不全にも効果があるか検討されています。
高脂血症治療薬の作用

副作用

  • 肝障害(何もしていないのに全身がだるい、食欲がない、疲れやすいなど)
  • 横紋筋融解症(運動とは無関係な筋肉痛、手足の力が入らない、尿が赤くなるなど)

注意事項

・高脂血症の治療目標基準値(下表)
心筋梗塞、狭心症の患者さんでは再発を防ぐために高脂血症治療の目標が低くなっています。食事や運動にも気をつけて生活習慣の改善にも努めましょう。
危険因子・・・加齢、高血圧、喫煙、家族に心筋梗塞・狭心症の人がいる、HDL(善玉)コレステロールが低いなど
患者さんの状態 総コレステロール(mg/dl)
異常なし 240未満
危険因子が2個以下 220未満
危険因子が3個以上
又は糖尿病・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症
200未満
心筋梗塞・狭心症 180未満
・他の高脂血症治療薬とその飲みあわせ
フィブラート系薬と呼ばれるお薬(ベザトールSR錠)は主に中性脂肪を低下させます。ただしHMG-CoA還元酵素阻害薬と併用して服用すると副作用(横紋筋 融解症)が強く現れることがあります。腎臓が悪い人は特に併用してはいけません。

ページの先頭へ