利尿剤

尿量を増やし、体内の余分な水分を減らします。

院内でよく使われるお薬

ラシックス錠、ダイアート錠、ルプラック錠、アルダクトンA錠など

作用

 心不全では心臓のポンプ機能が悪くなり全身の血液のめぐりが悪くなっています。そのために腎臓へ運ばれる血液の量も 減り、尿が作られにくくなっています。尿が作られないと、体内の水分量が増え、さらに心臓の負担が大きくなってしまいます。利尿薬は尿量を増やし、体の 中の余分な水分や塩分を減らす作用があります。
利尿剤の作用

副作用

  • 脱水
  • ミネラル(ナトリウム、カリウムなど)のバランスが崩れる
  • 女性化乳房(乳房がはる、アルダクトンAのみ)
  • 聴覚障害

注意事項

  • ・塩分と水分の取りすぎに注意しましょう
    食塩の成分であるナトリウムは、尿と同じように排泄されます。利尿薬で余分な水分や塩分を出していても、多量の水分・ 塩分を取ってしまっては体内の水分量が減らず心臓の負担がとれません。水分制限・塩分制限をしっかり守りましょう。

ページの先頭へ