HOME > 診療について > 治療法について > 心臓病のお薬について > ACE(エース)阻害薬・アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬

ACE(エース)阻害薬・アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬

血圧を下げます。心臓を保護する作用があります。

院内でよく使われるお薬

【ACE阻害薬】

レニベース錠、ロンゲス錠、エースコール錠など

【アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬】

ニューロタン錠、ブロプレス錠、ディオバン錠、ミカルディス錠、オルメテック錠

作用

心不全では弱くなった心臓のポンプ機能を補うために、アンジオテンシンというホルモンが活発化しています。このホルモンは、手足など全身の血管を縮めることにより心臓の血液量を増やします。しかし逆に縮まった血管へ血液を送るためには、心臓の力がさらに必要になって しまいます。これらのお薬はアンジオテンシンの過剰な活動を抑えて血管をひろげるので、心臓にかかる負担を軽くします。また血圧を下げる効果があります 。
心筋梗塞後の患者さんでは心臓の壊れてしまった部分の機能を補うために、残った正常な心筋が大きくなりさらに心臓の機能を低下させてしまいます(心筋 リモデリング)。これらのお薬にはこのリモデリングを防ぐ作用もあります。
薬の作用

副作用

  • 空咳(たんがからまない咳、ACE阻害薬のみ)
  • 血管浮腫(突然まぶたや唇が腫れ上がる、のどや気道が腫れ上がると呼吸困難になることもあります)

注意事項

  • ・血圧が低い方や高齢の方が服用するとき
    少量から始めて血圧を測定しながら少しずつ量を増やしていきます。めまいやふらつきが現れたらすぐに医師または薬剤師 に連絡して下さい。
  • ・妊娠している方は医師に相談してください
  • ・腎臓の悪い方
    透析を受けている方の中には、このお薬を飲めない方もいます。また使用法を誤ると腎機能が悪化することがあるので必ず指示を守って下さい。

ページの先頭へ