HOME > 研修医・学生の皆さんへ > 循環器内科医を目指す皆さんへ

循環器内科医を目指す皆さんへ

ご挨拶

木村先生.jpg

京都大学循環器内科の後期研修医教育の目指すところは、循環器診療についての幅広い知識を有し、基本的手技を修得し、かつ患者に共感を持つことのできる循環器内科医を育てることにあります。

勤務医が不足する中で、若手医師ができるだけ早い時期に循環器内科医として自立することは重要です。この観点から平成30年度までの後期研修医には2年間の研修期間中に、心臓超音波検査、心臓カテーテル検査、冠動脈および末梢血管インターベンション治療の基本、ペースメーカー植え込みが習得できるようなプログラムを作成しております。実際に、このプログラムを終了した現在卒後5年目の医師は冠動脈インターベンションに習熟し、夜間の緊急インターベンション治療を施行しています。また後期研修医は大動脈瘤ステントグラフト治療、心房細動のカテーテル・アブレーション、経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)、心房中隔欠損閉鎖術など一般市中病院では研修困難な先進医療にも参画しており、既に5 名が後期研修医期間中に腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医資格を取得しています。

平成30年度からは新専門医制度が導入され新しい内科専門医を取得するためには後期研修の3年間に循環器内科以外の多数の内科系症例を経験することが求められております。後期研修医の皆様にとっては大きな負担増となりますが、そのような状況にあっても早く循環器内科医として自立することの重要性は全く変わらないと思います。もし新専門医制度の中で必要な症例確保のみに重きを置く3年間を過ごされるとすれば、これは医師としての責任を負わないモラトリアム期間をさらに延長させることになり、医師としての将来は危ぶまれると考えます。我々は循環器内科以外の症例経験が求められる中でも、患者に対して医師としての責任を負う循環器内科医としての研修を可能な限り提供したいと思います。平成31年度のプログラムでは他の内科領域をローテーション期間がかなり短縮されており、ローテーション期間中でも循環器内科の専門的な検査、カテーテル治療、救急医療、カンファレンスへの参加は大歓迎です。新専門医制度下の後期研修の仕組みとしては2年間の京都大学病院後期研修に引き続き連携先である関連病院において循環器内科の専門研修を継続することも可能ですし、3年間の京都大学病院後期研修後に連携先である関連病院に異動して4年間で後期研修を終了して専門医試験を受験されることも可能です。京都大学循環器内科の関係病院は症例数の多い公的病院が多く、充実した研修が可能です。

若手医師にはバランスのとれた臨床医であるだけではなく、将来、国際的な情報発信ができる臨床研究者として成長するための基礎を身につけていただきたいと強く願っています。そのために必要な動機付け、臨床研究企画や統計解析の基礎についての指導など、多くの教育機会を提供いたします。一流海外誌に多くの論文を掲載している臨床研究者や基礎研究者と後輩として身近に接することができるというのも京都大学循環器内科での後期研修の大きな魅力です。

現在の京都大学循環器内科には多く集っておりますが、皆、高いモチベーションを持ち、お互いに切磋琢磨して研修しております。診療の現場を担い、かつ臨床研究に意欲を示す、彼らの成長ぶりには指導する側からみても目を見張るものがあります。

京都大学循環器内科の研修では論文執筆を強く指導していますが、平成15年以降の研修医による学会発表は、国際学会14件(すべて後期研修医)、全国学会57件(初期研修医2件、後期研修医53件)、地方会196件(初期研修医108件、後期研修医 88件)に及び、さらに11編の論文(初期研修医3編/後期研修医8編)が採択されています。京都大学循環器内科は多くの循環器多施設臨床研究の中核として活動しておりますが、ここでも若手医師がデータ解析に従事し、論文執筆を行う体制も構築されつつあります。

我々は今後の日本の循環器医療の向上に大きな貢献をする決意です。そのためには多くの若い力の結集が不可欠です。一人でも多くの方に京都大学循環器内科の門を叩いていただくことを願っております。

平成30年4月
京都大学医学部附属病院循環器内科
教授 木村 剛


ページの先頭へ