2015年

厚生労働科学研究循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究 平成26年度研究成果発表会 平成27年1月20日- 21日 東京
  1. 西英一郎. 血中自己抗体検出と新規炎症マーカーを用いた急性冠症候群予知因子および治療標的の探索.
京都大学臨床研究総合センター研究セミナー 平成27年1月21日 京都
  1. 中川靖章. BNP研究の新たな展開 - proBNPと糖鎖修飾 -
第30回洛北循環器勉強会 平成27年1月24日 京都
  1. 塩見紘樹. 急性心筋梗塞治療の現状 - PrehospitalからPrimary PCIまで -
新学術領域研究「生命素子による転写環境とエネルギー代謝のクロストーク制御」冬の若手ワークショップ2015 平成27年2月5日- 7日 伊香保
  1. 堀江貴裕, 西野共達, 馬場 理, 桑原康秀, 中尾哲史, 西賀雅隆, 宇佐美俊輔, 出原正康, 中関典子, 井手裕也, 小山智史, 曽和尚也, 矢作直也, 島野 仁, 横出正之, 北 徹, 木村 剛, 尾野 亘. Srebf1のイントロンにmicroRNA-33bをノックインしたマウスはHDLコレステロールの減少を示す.
  2. 桑原康秀, 堀江貴裕, 中島康弘, 伯野大彦, 馬場 理, 出原正康, 宇佐美俊輔, 西賀雅隆, 西野共達, 中尾哲史, 井手裕也, 中関典子, 小山智史, 北 徹, 木村 剛, 尾野 亘. 心肥大・心不全におけるlincRNAの機能解析.
  3. 馬場 理, 堀江貴裕, 伯野大彦, 中島康弘, 桑原康秀, 中尾哲史, 出原正康, 宇佐美俊輔, 西賀雅隆, 西野共達, 井手裕也, 中関典子, 小山智史, 木村 剛, 尾野 亘. マイクロRNA-33の骨髄機能および慢性炎症における役割.
  4. 中尾哲史, 堀江貴裕, 馬場 理, 西賀雅隆, 西野共達, 宇佐美俊輔, 桑原康秀, 出原正康, 中関典子, 井手裕也, 小山智史, 曽和尚也, 大野聡子, 青木浩樹, 木村 剛, 尾野 亘. miR-33ノックアウトマウスにおける大動脈瘤についての検討.
  5. 西野共達, 堀江貴裕, 馬場 理, 桑原康秀, 尾野 亘. microRNA-33b promotes atherosclerotic plaque formation in vivo.
  6. Morita Y, Ohno M, Nishi K, Saijo S, Sakamoto J, Chen P, Kita T, Kimura T, Nishi E. Investigation of Interaction of Nardilysin with HDACs in Transcriptional Regulation.
  7. 西 清人, 西英一郎. ナルディライジンは膵β細胞においてインスリン分泌を制御する.
第44回 日本心脈管作動物質学会 平成27年2月6日- 7日 高松
  1. 尾野 亘. miR-33a/bによる細胞・臓器レベルの脂質代謝制御機構.
  2. 桑原宏一郎, 中尾一和, 木村 剛. 心不全に伴う不整脈突然死発症にかかわる分子メカニズム.
第20回 アンギオテンシンカンファレンス 平成27年2月7日 東京
  1. 中川靖章, 錦見俊雄, 桑原宏一郎, 保野慎治, 木下秀之, 山田千夏, 桑原佳宏, 上嶋健治, 南野直人, 中尾一和, 木村 剛. O型糖鎖修飾によるproBNP プロセシング調節についての検討.
第45回 日本心臓血管外科学会学術総会 平成27年2月16日- 18日 京都
  1. Shiomi H. Surgical Ineligibility and Long-term Outcomes in Patients with 3VD/LMCA Disease. パネルディスカッション3「ガイドライン施行後の冠血行再建術」.
JET2015 平成27年2月20日- 22日 大阪
  1. Tazaki J, Higami H, Nanto K, Iida O, Kimura T. Long-term outcome of endovascular aortic repair in Japanese patients.
第3回 御茶ノ水動脈硬化フォーラム 平成27年2月28日 東京
  1. 芦田 昇. Diverse roles of IKKβ in fibrosis.
新学術領域研究「多階層生態機能学」最終成果報告会 平成27年3月4日-5日 大阪
  1. Minamino-Muta E, Tanada Y, Kato T, Kimura T, Shioi T. A metabolic profile of fasted mice.
第3回 関西心臓リハビリテーション研究会 平成27年3月7日 大阪
  1. 宇佐美俊輔, 小笹寧子, 鮑 炳元, 吉田路子, 梅田陽子, 春名和代, 岩田邦子, 土井孝浩, 上嶋健治, 木村 剛. デバイス植込み患者の心肺運動負荷試験の検討.
脈管クラスター研究講演会 平成27年3月13日 旭川
  1. 尾野 亘. マイクロRNA-33a/bによる脂質代謝制御機構.
第88回 日本薬理学会年会 平成27年3月18日- 20日 名古屋
  1. Kuwahara K. TRPC6 in pathological cardiac remodeling.
TAVI conference in Kyoto 2015. 平成27年3月20日 京都
  1. 豊田俊彬. 新しい抗血小板薬:最近の話題.
第5回 日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 平成27年3月21日- 22日 東京
  1. 小笹寧子,北井悠一朗,西川幸余,雛田知子,吉田路子,上嶋健治,鮑 炳元,木村 剛. 京大病院における腎機能障害合併患者の心リハ実施状況について.
CDB Symposium 2015「Time in Development」平成27年3月23日- 25日 神戸
  1. Minamino-Muta E, Tanada Y, Kato T, Kimura T, Shioi T. A metabolic profile of fasted mice.
第26回 日本心エコー図学会学術集会 平成27年3月26日-28日 福岡
  1. 笹 智樹, 岡林真梨恵, 山田千夏, 木下秀之, 木村 剛. 食後に胸部症状が出現し、心エコーで左室流出路圧較差の増大を認めた閉塞性肥大型心筋症の一例.
第39回 循環器内科・外科フォーラム 平成27年3月28日 大阪
  1. 谷口智彦, 齋藤成達, 南方謙二, 今井逸雄, 渡部宏俊, 豊田俊彬, 渡邉 真,田﨑淳一, 小泉滋樹, 平尾慎吾, 山﨑和裕, 大条紘樹, 坂田隆造, 木村 剛.術中LMT閉塞を来たした心尖部アプローチのTAVIの一例.
第52回 日本臨床分子医学会学術集会 平成27年4月10日- 11日 京都
  1. 桑原宏一郎. 心機能の破綻と維持における転写調節経路の解明 ~心不全新規治療法の探索~.
  2. 加藤貴雄, 河本章, 塩井哲雄, 木村 剛. 生体内でのミトコンドリア機能の測定.桑原康秀, 堀江貴裕, 馬場理, 出原正康, 宇佐美俊輔, 中尾哲史, 西賀雅隆, 西野共達, 北 徹、木村 剛、尾野 亘. microRNA-451はLKB1-AMPK経路を抑制することで、ラット心筋細胞において細胞障害を、生体においては高脂肪食誘導性心肥大を誘導する.
第112回 日本内科学会講演会 平成27年4月10日- 12日 京都
  1. 加藤貴雄, 野原隆司, 猪子森明. 経皮的冠動脈形成術後の負荷心筋血流イメージング検査の有用性.
  2. 岡野光真, 加藤貴雄, 春名徹也, 猪子森明. 85歳以上の高齢者における心筋シンチ結果と予後の関連性.
第11回 榊原記念研究助成 研究成果発表会 平成27年4月18日 東京
  1. 堀江貴裕. SREBP-2,-1のイントロン性microRNA-33,-33bの脂質代謝における制御機構の包括的解明.
第79回 日本循環器学会学術集会 平成27年4月24日- 26日 大阪 
  1. 木村 剛. DES 留置後の至適 DAPT 施行期間についての考察.
  2. 木村 剛. 大規模レジストリ―の将来展望 CREDO-Kyoto Registry.
  3. Ono K. Future Perspective in Atherosclerosis Research: Seeking for Novel Therapeutic Targets against Cardiovascular Diseases‘miR-33a/b as novel therapeutic targets for the treatment of cardiovascular diseases’.
  4. Nishi E, Hiwasa T, Ohno M, Chen PM, Nishi K, Saijo S, Sakamoto J, Morita Y, Kimura T. Searching for Biomarkers Useful for Acute Coronary Syndrome Prediction by the Screening of Auto-antibodies (シンポジウム 動脈硬化の予防戦略:バイオマーカー、機能検査および画像の情報をどう活かすか).
  5. Kuwahara K. Ion channel remodeling in the progression of heart failure.
  6. 牧山 武. iPSを用いた再生医療: Structural and Electrophysiological Characteristic of Human Induced Pluripotent Stem Cell-derived Cardiomyocytes.
  7. Ohno M, Nishi K, Saijo S, Sakamoto J, Chen PM, Kita T, Morita Y, Hiroshi Matsuura, Kimura T, Nishi E. Nardilysin Controls Heart Rate through the Regulation of Sinus Node Automaticity.
  8. 木下秀之. 肺高血圧症の最新治療戦略 −病態に応じた治療法の選択−.
  9. Kuwabara Y, Ono K, Horie T, Baba O, Nishiga M, Usami S, Izuhara M, Nakao T, Nishino T, Ide Y, Nakazeki F, Koyama S, Kita T, Kimura T. MicroRNA-451 is Involved in Diabetic Cardiomyopathy through LKB1/AMPK Pathway.
  10. 中島康弘. 発生期心房および刺激伝導系における心筋細胞増殖制御.
  11. Watanabe H, Shiomi H, Kimura T. The clinical efficacy of thrombus aspiration on five-year clinical outcomes in patients with STEMI undergoing primary PCI.
  12. Watanabe H, Morimoto T, Natsuaki M, Shiomi H, Furukawa Y, Nakagawa Y, Kadota K, Ando K, Kimura T. Residual Risk for Major Adverse Events after Coronary Revascularization: possible relation with atherothrombotic disease progression (Detailed Event Analysis of CREDO-Kyoto Registry Cohort-2) .
  13. 西内 英. LMNA Related Cardiomyopathy Specific Induced Pluripotent Stem Cells derived Cardiomyocytes Stressed by Adrenergic Stimulation Recapitulate the Aging Related Phenotype in an Early Phase of Differentiation.
  14. Toyota T, Shiomi H, Morimoto T, Kimura T. Long-term Clinical Outcomes of Everolimus-eluting Stents Versus Sirolimus-eluting Stents: an Updated Meta-analysis of 14 Randomized Controlled Trials.
  15. Taniguchi T, Shiomi H, Kosuge M, Morimoto T, Nishiga M, Nakatsuma K, Sasa T, Saito N, Kimura T. Prognostic Impact of Electrocardiographic Abnormalities in Patients with Severe Aortic Stenosis.
  16. Nakatsuma K, Shiomi H, Morimoto T, et al. Long-term Clinical Outcomes in Patients with ST-segment Elevation Acute Myocardial Infarction Undergoing Inter-hospital Transfer for Primary Percutaneous Coronary Intervention.
  17. 張田健志. Electrophysiological Properties of L-type Calcium Channels in Human Induced Pluripotent Stem Cells-Derived Cardiomyocytes.
  18. 糀谷泰彦. Genetic Backgrounds of Patients with Clinically Diagnosed Idiopathic Ventricular Fibrillation.
  19. Nishi K, Sato Y, Ohno M, Saijyo S, Sakamoto J, Chen P, Morita Y, Matsuoka T, Kita T, Inagaki N, Kimura T, Nishi E.Nardilysin is a Critical Regulator of Pancreatic β-Cell Function.
  20. Saijo S, Hiraoka Y, Matsuoka T, Ohno M, Nishi K, Sakamoto J, Chen PM, Morita Y, Kita T, Kimura T, Nishi E. Nardilysin in brown adipose tissue regulates adaptive thermogenesis and body temperature homeostasis.
  21. Chen PM, Ohno M, Nishi K, Saijo S, Sakamoto J, Morita Y, Kimura T, Nishi E. Nardilysin, a Potent Biomarker for Acute Coronary Syndrome, Regulates Postmyocardial Infarction Remodeling.
  22. Kimura Y, Okano M, Suu K, Kimura M, Funasako M, Kato T, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Nohara R, Inoko M. Outcomes of Spontaneous Isolated Superior Mesenteric Artery Dissection.
  23. Nguyen Tien Dat, Yokode M, Kimura T, Ashida N. NF-κB Activation both in Embryonic Cardiomyocytes and Fibroblasts Induces Congenital Cardiac Defects.
  24. Okano M, Kato T, Kimura M, Funasako M, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Nohara R, Inoko M. Normal Findings of Myocardial Scintigraphy in Patients over 85 Years of Age Still Predict Good Outcomes.
  25. Sakamoto J, Ohno M, Nishi K, Saijo S, Chen PM, Morita Y, Kita T, Kimura T, Nishi E. The Role of Nardilysin in Cardiac Hypertrophy and Heart Failure
  26. 米田智也, 木下秀之, 土井孝浩, 山田 徹, 佐藤雅昭, 青山晃博, 陳 豊史, 桑原宏一郎, 伊達洋至, 木村 剛, 一山 智. 肺動脈性肺高血圧症における肺移植術後急性期の左室機能の検討.
  27. 吉田優子, 木下秀之, 吉田詩織, 宇賀尚子, 長谷川真理, 中川靖章, 牧山 武, 静田 聡, 桑原宏一郎, 木村 剛, 松原和夫. 肺血管拡張薬中止理由の検討と病棟専従薬剤師の役割.
第6回 京都循環器内科カンファレンス 平成27年5月9日 京都 
  1. 芦田 昇. 炎症反応制御分子が持つ二面性 - 線維化におけるDr.Jekyll & Mr.Hyde -.
  2. 加藤貴雄, 宮田明未, 永野忠義, 岡野光真, 林秀幸, 木村祐樹, 関原孝之, 木村昌弘, 舩迫宴福, 中根英策, 宮本昌一, 和泉俊明, 春名徹也, 猪子森明. 周産期における心臓バイオマーカーの変化.
  3. 塩見紘樹. CREDO-Kyoto Cohort-3.
  4. 中妻賢志. Primary PCI患者における、施設間搬送と長期予後の関係.
第47回 日本結合組織学会学術大会 平成27年5月14日- 16日 東京
  1. Dat Nguyen Tien, Kishihata M, Kimura T, Ashida N. Kinase-independent function of IKKβ in fibrosis.
The 32nd Live Demonstration in KOKURA 平成27年5月15日- 17日 小倉
  1. Kimura T. Mandatory DAPT duration and optimal antiplatelet therapy after coronary stenting.
  2. 田崎淳一. EVT course CLI 1「安静時疼痛を理解して治療する」コメンテーター
  3. 田崎淳一. セッションタイトル「エビデンスとエキスパートオピニオンからの激討」症例発表 Non-stenting Zoneを含むPAD症例にたいしてEVT施行した1例.
  4. 塩見紘樹. AMI Course セッションテーマ「AMI治療のトレンドを知り、今晩からの緊急治療に生かす」ビデオライブ「Unstable AP/NSTEMI with high-risk characteristics Who? When?」コメンテーター.
第58回 日本糖尿病学会年次学術集会 平成27年5月21日- 24日 下関
  1. 尾野 亘. microRNA-33a/bによる細胞・臓器レベルの脂質代謝制御機構.
  2. 佐藤真治, 加藤貴雄. 高強度インターバルトレーニングが2型糖尿病患者のミトコンドリア機能に及ぼす効果.
第2回 日韓糖尿病フォーラム 平成27年5月21日- 22日 下関
  1. Sato S, Kato T. Effects of High-intensity Interval Training on Mitochondrial Function in Patients with Type 2 Diabetes.
日本超音波医学会 第88回 学術総会 平成27年5月22日- 24日 東京
  1. 米田智也, 土井孝浩, 牧山 武, 西川隆介, 木下秀之, 坂口仁寿, 平尾慎吾,渡辺謙太郎, 一山 智, 木村 剛, 坂田隆造. 外傷後16年を経過し診断・治療に至ったtraumatic TRの1症例.
Meet the specialist 平成27年5月28日 草津
  1. 尾野 亘. 心疾患におけるノンコーディングRNAの関与と病態形成への意義の検討.
大日本製薬株式会社 社内講演会 平成27年5月28日 京都
  1. 西英一郎. 多機能メタロプロテアーゼ ナルディライジンの生物学的機能の解明 -創薬・診断薬開発を視野に入れた基礎研究-.
第5回 豊橋ライブ 平成27年5月28日- 30日 豊橋
  1. Imai M, Saito N, Watanabe H, Toyoda T, Taniguchi T, Kimura T.TA TAVI施行時にvalve通過困難でスネアを使用し留置に成功した一例.
  2. Tazaki J, Kimura T. Refractory vascular spasm during EVT for CLI patients with isolated BK lesion.
第1回 HAKATA Cardiovascular Conference 平成27年5月29日- 30日 福岡
  1. Shioi T, Minamino-Muta E, Tanada Y, Kato T, Soga T, Kimura T. A metabolic profile of fasted mice.
平成27年度 医科学専攻修士課程講義 平成27年6月4日 京都
  1. 尾野 亘. 臨床医学概論:non-coding RNA and cholesterol homeostasis
東京慈恵会医科大学「医学研究の基礎を語る集い」 平成27年6月5日 東京  
  1. 尾野 亘. microRNA-33a/bによる細胞・臓器レベルの脂質代謝制御機構
第36回 日本循環制御医学会 平成27年6月5日- 6日 名古屋
  1. 大野美紀子, 平岡義範, 松浦 博, 西 清人, 西城さやか, 坂本二郎, 陳 博敏, 森田雄介, 北 徹, 木村 剛, 西英一郎. ナルディライジンによる交感神経系を介した循環動態の制御.
第58回 日本腎臓学会学術総会 平成27年6月5日- 7日 名古屋
  1. Kitai Y, Ozasa N, Yanagita M, Kimura T, on behalf of the CREDO-Kyoto registry investigators.Prognostic implications of anemia in patients with chronic kidney disease undergoing elective percutaneous coronary intervention.
公益財団法人小野医学研究財団 第26回 研究成果発表会 平成27年6月6日 大阪
  1. 堀江貴裕. SREBP1のイントロン性マイクロRNAの生体における脂質代謝制御機構の包括的解明.
K-TAVI 2015 平成27年6月12日 大阪
  1. 豊田俊彬. TA TAVI施行時にValve通過困難で スネアを使用し留置に成功した一例.
第40回 日本運動療法学会 平成27年6月13日 埼玉
  1. 久保田眞由美, 佐藤真治, 加藤貴雄, 中山法子, 本庶祥子, 浜本芳之, 大槻伸吾, 牧田 茂, 木村 穣, 田中史朗. 高強度インターバルトレーニングが2型糖尿病患者の運動時心機能に及ぼす影響.
生命素子による転写環境とエネルギー代謝のクロストーク制御「転写代謝システム 平成27年度 領域班会議」 平成27年6月14日- 16 日 熊本
  1. 尾野 亘, 堀江貴裕, 桑原康秀, 馬場 理, 西野共達, 中尾哲史, 西賀雅隆,木村 剛. 脂質代謝を起点としたmicroRNA-33a/bの作用の解明. 
  2. 西英一郎. 新規転写coregulatorによる膵β細胞機能制御.
  3. 堀江貴裕, 西野共達, 馬場 理, 桑原康秀, 矢作直也, 島野 仁, 木村 剛, 尾野 亘. Srebp-1のイントロンに存在するmicroRNA-33bはHDLコレステロールを減少させる.
  4. 桑原康秀, 堀江貴裕, 馬場 理, 出原正康, 宇佐美俊輔, 中尾哲史, 西賀雅隆, 西野共達, 井手裕也, 中関典子, 小山智史, 木村 剛, 尾野 亘. 肥大刺激によって誘導されるlincRNAの心臓と骨格筋における機能解析. 
  5. 5馬場 理, 堀江貴裕, 伯野大彦, 中島康弘, 桑原康秀, 中尾哲史, 出原正康,宇佐美俊輔, 西賀雅隆, 西野共達, 井手裕也, 中関典子, 小山智史, 木村 剛, 尾野 亘. マイクロRNA-33の骨髄機能および慢性炎症における役割. 
  6. 西 清人, 西英一郎. Nardilysin is a critical regulator of glucose-stimulated insulin secretion.
第119回 日本循環器学会近畿地方会 平成27年6月20日 大阪 
  1. 今井逸雄, 豊田俊彬, 渡辺宏俊, 渡邉 真, 木村 剛. 肺高血圧症, 整列異常を伴う心房中隔欠損症に対して経皮的閉鎖術を施行した一例.
  2. 中井健太郎, 静田 聡, 川治徹真, 八幡光彦, 杉山裕章, 後藤貢士, 牧山 武, 齋藤成達, 木村 剛. 心房細胞アブレーション後に左房内血栓を生じた一例.  
  3. 渡部宏俊, 斎藤成達, 南方謙二, 今井逸雄, 山崎和裕, 渡邊 真, 大条紘樹,谷口智彦, 豊田俊彬, 田崎淳一, 木村 剛, 坂田隆造. 経カテーテル的大動脈弁植え込み術の初期治療成績.
  4. 川治徹真, 八幡光彦, 中井健太郎, 杉山裕章, 牧山 武, 静田 聡, 尾野 亘,木村 剛. 持続性心房細動に対してNifekalantを用いたCFAE (Complex Fractionated Atrial Electrograms) アブレーションが有効であった一例.
  5. 辰島正二郎, 桑原宏一郎, 木下秀之, 石村拓也, 秋月修治, 湯川尚一郎,藤井隆夫, 樋上裕起, 山田千夏, 中川靖章, 静田 聡, 尾野 亘, 三森経世,木村 剛. Sjogren症候群に伴う自律神経障害に対しステロイド治療が奏功した1症例.
  6. 辰島正二郎, 渡部宏俊, 田崎淳一, 今井逸雄, 齋藤成達, 静田 聡, 木村 剛. 初期症状としてACSが疑われた血栓症血小板減少性紫斑病(TTP)の一例.
  7. 岡林真梨恵, 笹 智樹, 八幡光彦, 齋藤成達, 静田 聡, 木村 剛. 食後に胸痛を呈した閉塞性肥大型心筋症の一例. 
  8. 藤田啓誠, 八幡光彦, 樋上裕起, 田崎淳一, 静田 聡, 木村 剛. 大動脈炎症候群を合併した上行大動脈瘤の一例.  
  9. 宇佐美俊輔, 小笹寧子, 鮑 炳元, 吉田路子, 梅田陽子, 春名和代, 岩田邦子, 土井孝浩, 上嶋健治, 木村 剛.Chronotropic incompetence is associated with low exercise capacity in patients with cardiac devices.
  10. 相澤卓範, 樋上裕起, 田崎淳一, 今井逸雄, 齋藤成達, 静田 聡, 尾野 亘, 木村 剛. 好酸球増多症に伴う血管炎により難治性足趾腫瘍を生じた一例.
  11. 脊古裕太, 木下秀之, 柳沢 洋, 藤井隆夫, 半田知宏, 山田千夏, 牧山 武,中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 尾野 亘, 木村 剛. 肺高血圧症を早期に発見できた間質性肺炎合併多発性筋炎の1症例.
  12. 脊古裕太, 山田千夏, 藤田啓誠, 木下秀之, 静田 聡, 木村 剛, 山崎和裕,渡辺健太郎, 熊谷基之, 南方謙二, 坂田隆三, 米田智也. 感染症心内膜炎を契機に発見された右室二腔症の1症例. 
  13. 柳沢 洋, 木下秀之, 酒巻春日, 三由 僚, 村西祐介, 佐藤雅昭, 桜井孝規,半田知宏, 山田千夏, 中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 木村 剛. 重症肺高血圧症を合併した特発性肺線維症と考えられた1症例.
  14. 米田智也, 木下秀之, 中島康弘, 本山秀樹, 土屋恭子, 青山晃博, 陳 豊史,桑原宏一郎, 木村 剛, 伊達洋至, 一山 智. 肺動脈性肺高血圧症における肺移植術後急性期の左室機能の検討.
  15. 後藤久典, 渡部宏俊, 木下秀之, 今井逸雄, 静田 聡, 木村 剛. 高安病に合併し再燃を繰り返したの一例.
  16. 橋本健太郎, 八幡光彦, 岡林真梨恵, 辰島正二郎, 藤田啓誠, 笹 智樹, 柳澤 洋, 川治徹真, 樋上裕起, 塩見紘樹, 中井健太郎, 渡部宏俊, 田崎淳一, 杉山祐章, 今井逸雄, 齋藤成達, 牧山 武, 土井孝浩, 静田 聡, 尾野 亘, 木村 剛. ICD移植後, 頻回のVF, ICD作動が起こった若年J波症候群の一例.  
  17. ホームズ彩乃, 杉山裕章, 静田 聡, 川治徹真, 中井健太郎, 牧山 武, 齋藤成達, 尾野 亘, 木村 剛, 的場芳樹. 心房細胞に対する冷凍アブレーションが奏功した一例~当院における初期40症例の治療成績とともに~. 
  18. 池田圭佑, 杉山裕章, 今井逸雄, 牧山 武, 齋藤成達, 木下秀之, 静田 聡, 尾野 亘, 木村 剛. ワルファリン及びエドキサバンに不耐性を示した再発性深部静脈血栓症(DVT)にアピキサバンを使用した一例.
  19. 水野良祐, 岡林真梨恵, 川治徹真, 田崎淳一, 齋藤成達, 静田 聡, 牧山 武, 尾野 亘, 木村 剛. 原因不明の左心機能低下を背景に持ち, 心室細動から蘇生した1症例.
  20. 森田悠吾, 樋上裕起, 田崎淳一, 齋藤成達, 静田 聡, 尾野 亘, 木村 剛, 南方謙二, 坂田隆造. 若年で大動脈解離を繰り返し発症した遺伝性大動脈疾患が疑われる1例.  
  21. 脊古裕太, 柳澤 洋, 山田千夏, 牧山 武, 中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 尾野 亘, 木村 剛, 木下秀之, 藤井隆夫, 半田知宏. 肺高血圧症を早期に発見できた間質性肺炎合併多発性筋炎の1症例.
第1回 J-ISCP学術集会 平成27年6月20日- 21日 京都
  1. 尾野 亘. 脂質恒常性維持におけるマイクロRNA-33の働き.
  2. 芦田 昇, Dat Nguyen Tien, 岸畑雅子, 横出正之, 木村 剛. 線維化における炎症シグナルの二面的役割.
  3. 堀江貴裕, 西野共達, 馬場 理, 桑原康秀, 中尾哲史, 西賀雅隆, 宇佐美俊輔, 出原正康, 中関典子, 井手裕也, 小山智史, 曽和尚也, 矢作直也, 島野 仁,横出正之, 北 徹, 木村 剛, 尾野 亘. Srebp1のイントロンに存在するmicroRNA-33bはHDLコレステロールを減少させる.
  4. 佐々木健一. S107はカテコラミン誘発性多形性心室頻拍の患者由来iPS細胞モデルの表現型を抑制する.
  5. Yimin Wuriyanghai. ML277が延長されたLQT1患者由来iPS心筋細胞の活動電位を短縮する効果について.
岡山心臓血管研究会 平成27年6月24日 岡山
  1. 尾野 亘. 心血管疾患におけるmiRNAの働き.
第8回 京阪神インターベンションカンファレンス 平成27年6月26日 神戸
  1. 豊田俊彬, 斉藤成達, 今井逸雄, 谷口智彦, 渡部宏俊, 木村剛, 南方謙二,上原京勲, 山崎和裕, 大条紘樹. TA TAVI施行時にValve通過困難でスネアを使用し留置に成功した一例.
第1回 心筋症研究会 平成27年7月4日 東京
  1. 加藤貴雄, 林 秀幸, 廣瀬紗也子, 猪子森明. 重症筋無力症に関連した心機能低下~自己免疫機序による心筋症~(シンポジウム・二次性心筋症をめぐって).
  2. 加藤貴雄, 中根英策, 舩迫宴福, 宮本昌一, 和泉俊明, 春名徹也, 猪子森明.心不全患者における心臓・骨格筋のミトコンドリア機能連関と予後.
  3. 林 秀幸, 木村昌弘, 加藤貴雄. たこつぼ型心筋症での心筋肥大について.
第47回 日本動脈硬化学会総会・学術集会 平成27年7月9日- 10日 仙台
  1. 堀江貴裕, 西野共達, 馬場 理, 桑原康秀, 中尾哲史, 西賀雅隆, 宇佐美俊輔, 出原正康, 中関典子, 井手裕也, 小山智史, 曽和尚也, 矢作直也, 島野 仁,横出正之, 北 徹, 木村 剛, 尾野 亘. Srebf1のイントロンにmicroRNA-33bをノックインしたマウスはHDLコレステロールの減少を示す.
  2. 田崎淳一, 木村 剛, 堀内久徳. 薬物療法における個人差を考えるADP受容体拮抗薬(抗血小板薬).
第21回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会 平成27年7月18日- 19日 福岡
  1. 趙 崇来, 小笹寧子, 吉田路子, 西川幸余, 上嶋健治, 木村 剛.糖代謝異常を有する高齢心不全患者に対する低強度運動の血糖日内変動への影響.
第30回 日本不整脈学会学術大会 平成27年7月28日- 31日 京都
  1. Kawaji T, Shizuta S, Yahata M, Nakai K, Sugiyama H, Makiyama T, Ono K, Kimura T. Incidence of pacemaker implantation after radiofrequency catheter ablation for paroxysmal atrial fibrillation with sick sinus syndrome.
  2. 陳 嘉容. Cardiac Sodium Channel Mutation Associated With Epinephrine-Induced QT Prolongation and Sinus Node Dysfunction.
  3. 山本雄大. Generation of TRPM4 knock out human induced pluripotent stem cells by genome editing using the CRISPR-Cas9 nickase.
  4. 張田健志. Patient-Specific Induced Pluripotent Stem-Cell Models for Long QT Syndrome with the missense mutation in the CACNA1C gene.
  5. 佐々木健一. S107 rescues arrhythmogenic phenotype in a patient specific-induced stem cell-based model of catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia.
  6. Yimin Wuriyanghai. ML277 shortens prolonged action potential durations in a patient-specific induced pluripotent stem cell-based model of long-QT syndrome type 1.
第32回 日本心電学会学術集会 平成27年7月28日- 31日 京都
  1. 山田(井上)優子. Inhibition of N-type Ca2+ channels ameliorates an imbalance in cardiac autonomic nerve activity and prevents lethal arrhythmias in mice with heart failure.
第24回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 平成27年7月30日- 8月1日 福岡 
  1. 田崎淳一. コーヒーブレイクセミナー1「これからのPCIにどの様な抗血小板剤が必要か?」.
  2. Watanabe H, Shiomi H, Kimura T. Clinical impact of revascularization of a CTO in non-infarct-related artery in patients with ST-elevation myocardial infarction undergoing primary PCI  (from the CREDO-Kyoto AMI registry).
  3. Toyota T. How long to continue DAPT?  -Discrepancy Among Trial Results Evaluating Dual Antiplatelet Therapy Duration After Coronary Stent Implantation-.
京都循環器検査研究会 夏期特別講演会 平成27年8月1日 京都
  1. 豊田俊彬, 今井逸雄. 京大病院におけるASD治療の現状と今後.
第2回 iHFフォーラム 平成27年8月8日- 9日 東京
  1. 中川靖章, 桑原宏一郎, 錦見俊雄, 木村 剛. 心室筋でのBNP産生におけるproBNP N末端O型糖鎖修飾の意義. O-glycosylation in N-terminal region of proBNP regulates its processing in ventricular myocytes.
“臓器の記憶”国際シンポジウム2015  平成27年8月23日 東京
  1. 尾野 亘.‘Organ memory achieved by the interaction of miR-33a/b and SREBP2/1’.
第6回 Molecular Cardiovascular Conference Ⅱ 平成27年9月4日- 5日 福岡
  1. 羽溪 健, 舟越俊介, 木村 剛, 山中伸弥, 吉田善紀. P-28 Enhanced Engraftment, Proliferation, and Therapeutic Potential of iPSC-derived Cardiomycytes.
第13回 日本心臓財団・アステラス「動脈硬化 Update」研究助成 二次選考 平成27年9月5日 東京
  1. 尾野 亘. microRNA-33a/bの脂質代謝における働き.
臨床研究総合センター研究セミナー 平成27年9月9日 京都
  1. 尾野 亘. マイクロRNA-33の抑制による非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療法の開発.
京都大学臨床研究総合センターセミナー 平成27年9月9日 京都
  1. 芦田 昇. 新規線維化・強皮症モデルマウスを用いたバイオマーカーとしての新規自己抗体の同定.
公益財団法人戸部眞紀財団 平成27年度 研究助成発表会 平成27年9月11日 徳島
  1. 加藤貴雄. 2型糖尿病患者の骨格筋ミトコンドリア機能をターゲットにした運動療法プログラムの開発.
第58回 日本神経化学会大会 平成27年9月11日- 12日 大宮
  1. Kuwahara K, Kimura T. NRSF plays an essential role in the regulation of cardiac gene expression and function.
下京東部医師会学術講演会 平成27年9月12日 京都
  1. 尾野 亘. 生活習慣病リスクマネージメントUPDATE.
第63回 日本心臓病学会学術集会 平成27年9月18日- 20日 横浜
  1. 木村 剛. Bioresorbale Everolimus-eluting Scaffold Versus Metalic Everolimus-eluting Stent for De-novo Native Coronary Lesions (ABSORB Japan).
  2. Tazaki J, Higami H, Nanto K, Iida O, Kimura T. Short and long-term outcome of endovascular aortic repair -observation from EVAR registry-.
Cardiovascular Scientific Exchange Meeting in Kyoto 平成27年9月25日 京都
  1. Shiomi H. Bioresorbable Vascular Scaffold (BVS):-ABSORB STEMI TROFI Ⅱ/ ABSORB Japan.
  2. Toyota T. ESC Highlight: Optimal Medical Therapy for Coronary Artery Disease.
  3. Taniguchi T. AMI/ALBATROSS/PRomPT.
ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2015 平成27年9月25日- 27日 東京 
  1. Imai M. ASD/PFO治療の現状と今後の展開.
  2. Imai M, Watanabe S, Watanabe H, Saito N, Kimura T. An experience of Riociguat usage to the patient with PAH.
  3. 渡部宏俊, 豊田俊彬, 谷口智彦, 今井逸雄, 斎藤成達, 上原京勲, 南方謙二, 木村 剛. TAVI時のPerpendicular viewの予測因子.
東海心血管病理フォーラム2015 平成27年9月26日 岐阜
  1. 尾野 亘. マイクロRNA-33a/bの脂質代謝における働きとその制御法.
Heart and Vascular Seminar 平成27年9月30日 松山
  1. 尾野 亘. マイクロRNA-33a/bの動脈硬化・脂質代謝における働きとその制御法.
第51回 日本移植学会総会 平成27年10月1日- 3日 熊本
  1. 青山晃博, 木下秀之, 米田智也, 山田 徹, 本山秀樹, 土屋恭子, 陳 豊史,伊達洋至. エポプロステノール投与中の肺高血圧症例に対して肺移植後、同薬を漸減して管理した2症例.
第4回 日本肺循環学会・第3回日本肺高血圧学会 合同学術集会 平成27年10月3日- 4日 東京
  1. 藤田啓誠, 木下秀之, 半田知宏, 谷澤公伸, 室 繁郎, 佐藤 晋, 山田千夏,中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 木村 剛. 当院におけるILD-PHに対する肺血管拡張療法の効果の検討.
  2. 相澤卓範, 木下秀之, 中西直彦, 今井逸雄, 牧山 武, 中川靖章, 静田 聡,桑原宏一郎, 青山晃博, 伊達洋至, 木村 剛. 著明な低酸素血症を認めた重症特発性肺動脈性肺高血圧症の1症例.
  3. 柳澤 洋, 木下秀之, 佐藤雅昭, 桜井孝規, 半田知宏, 今井逸雄, 中川靖章,静田 聡, 桑原宏一郎, 伊達洋至, 木村 剛. 重症肺高血圧症を合併した特発性肺線維症と考えられた1症例.
  4. 柳澤 洋, 木下秀之, 吉藤 元, 半田知宏, 藤井隆夫, 牧山 武, 中川靖章. 静田 聡, 桑原宏一郎, 三森経世, 木村 剛. HRCTにて肺静脈病変合併が示唆されるCTD-PAHに対する肺血管拡張療法の効果.
  5. 米田智也, 木下秀之, 中島康弘, 本山秀樹, 土屋恭子, 青山晃博, 陳豊史,桑原宏一郎, 木村 剛, 伊達洋至, 一山 智. 重症PAHにおける肺移植術後急性期の右室および左室機能の検討.
第1回 循環器画像を考える会 平成27年10月9日 京都
  1. 塩見紘樹. 新たな虚血診断のModalityとしてのFFRCTの可能性.
京都大学1回生対象全学共通科目リレー講義「医学概論」平成27年10月13日 京都
  1. 尾野 亘. 循環器学の発展の歴史と現在直面する課題.
脂質異常症Expert Meeting 平成27年10月17日 京都
  1. 尾野 亘. ゲノミクスと臨床研究から得られる疾患管理法.
熱闘カンファレンス 平成27年10月23日 大阪
  1. 塩見紘樹. PCIの抗血小板療法 -こんな時どうしていますか?-.
第19回 日本心不全学術集会 平成27年10月22日- 24日 大阪
  1. 桑原宏一郎. 心不全進展にかかわる心筋遺伝子転写調節分子経路の解明Elucidation of molecular pathways regulating gene transcription during the development of heart failure.
  2. 加藤貴雄, 河本 章, 塩井哲雄, 木村 剛. うっ血性心不全における肝臓の役割~代謝の観点から~. (ワークショップ・心不全における他臓器障害).
  3. 加藤貴雄, 中根英策, 野原隆司, 猪子森明. 心不全患者における心臓リハビリテーションと心臓・骨格筋ミトコンドリア機能と予後の評価. (シンポジウム・心不全治療における非薬物非観血療法のエビデンスと役割).
  4. 桑原康秀, 堀江貴裕, 馬場 理, 出原正康, 宇佐美俊輔, 西賀雅隆, 西野共達, 北 徹, 木村 剛, 尾野 亘. マウス大動脈縮窄モデルにより増加するlincRNAはマウス心筋細胞において心肥大を誘導する.
  5. Shimizu M, Tanaka R, Hakuno D, Kimura T, Namba T, Adachi T. Effects of febuxostat on cardiac fibrosis and oxidative stress in hamsters with dilated cardiomyopathy.
  6. Namba T, Kimura T, Syunpei Horii, Yasunaga Shiraishi, Atsushi Sato, Risako Yasuda, Hirotaka Yada, Akio Kawamura, Daihiko Hakuno, Takeshi Adachi. Significance of plasma free fatty acid and amino acid profile in obesity-related heart failure.
第30回 日本整形外科学会基礎学術集会 平成27年10月22日- 23日 富山
  1. 藤井貴之, 伊藤 宣, 吉富啓之, 森田侑吾, 小豆澤勝幸, 布留守敏, 西英一郎, 松田秀一. ナルディライジンノックアウトマウスは自己免疫性関節炎の発症が抑制される.
The 2nd AGORA Bayer 平成27年10月27日 京都
  1. 尾野 亘. miR-33a/b as novel therapeutic targets for the treatment of cardiovascular diseases.
  2. Nishi E. Physiological and Pathological Role of Nardilysin in Cardiovascular Function and Disease.
  3. Kuwahara K. Elucidation of molecular mechanisms underlying the development of heart failure to identify novel therapeutic targets.
  4. 加藤貴雄. Why does heart failure become a big problem?
2015 CCT peripheral 平成27年10月29日- 31日 神戸
  1. Tazaki J, Kimura T. EVAR vs. Open repair.
  2. Tazaki J, Imai M, Saito N, Kimura T. Successful revascularization of isolated SMA dissection.
第31回 洛北循環器勉強会 平成27年10月31日 京都
  1. 加藤貴雄. 心不全診療: 現状と課題.
第20回 関西心臓核医学セミナー 平成27年10月31日 大阪
  1. 岡野光真, 加藤貴雄: 高齢者に対する心筋シンチの有用性.
第17回 わかさセミナー 平成27年11月2日 京都
  1. 小笹寧子.心不全患者の栄養管理と心臓リハビリテーション.
島原病診連携懇話会 平成27年11月7日 長崎
  1. 小笹寧子.心不全患者の管理 栄養療法にまつわる最近の話題.
日本心臓核医学会 京滋地区地域別教育研修会 平成27年11月14日 京都
  1. 加藤貴雄:. 絶対わかる心臓核医学.
第15回 日本ミトコンドリア学会年会 平成27年11月19日- 20日 福井
  1. Kato T, Kawamoto A, Shioi T, Okuda J, Kawashima T, Tamaki Y, Niizuma S, Tanada Y, Takemura G, Narazaki M, Matsuda T, Kimura T.  Measurement of technetium-99m sestamibi signals in rats administered a mitochondrial uncoupler and in a rat model of heart failure.
  2. 加藤貴雄, 中根英策, 舩迫宴福, 宮本昌一, 和泉俊明, 春名徹也, 猪子森明. 心不全患者における心臓・骨格筋のミトコンドリア機能連関と予後.
第1回 Cardiac Biomarker研究会 平成27年11月21日 神戸 
  1. 桑原康秀. 虚血性心疾患の新規バイオマーカーとして、非コードRNAの可能性を探る.
第9回 京都循環器診断・治療アップデート 平成27年11月21日 京都
  1. 谷口智彦. 大動脈弁狭窄症の手術適応.
京都循環器診断治療アップデート 平成27年11月21日 京都
  1. 尾野 亘. 脂質低下療法と動脈硬化制御についての最新の話題.
天神京循環器カンファレンス 平成27年11月28日 大阪
  1. 尾野 亘. 臨床研究・基礎研究から考える循環器疾患治療法.
第120回 日本循環器学会近畿地方会 平成27年11月28日 大阪
  1. 辰島正二郎, 柳澤 洋, 川治徹真, 山田千夏, 牧山 武, 中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 尾野 亘, 木村 剛, 木下秀之. 非アルコール性脂肪肝炎に合併したと考えられる門脈圧亢進症性肺動脈性肺高血圧症の1症例.
  2. 岡林真梨恵, 相澤卓範, 山田千夏, 牧山 武, 中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 尾野 亘, 木村 剛, 木下秀之, 半田知宏, 室 繁郎. 気腫合併肺線維症に合併した高度肺高血圧に対し肺血管拡張療法を行った1症例.  
  3. 相澤卓範, 田崎淳一, 今井逸雄, 齋藤成達, 静田 聡, 木村 剛, 南方謙二, 山崎和裕. 上腸間膜動脈解離に対して,血管内治療によりステント留置を施行した一例.
  4. 相澤卓範, 田崎淳一, 今井逸雄, 齋藤成達, 藤田啓誠, 静田 聡, 尾野 亘, 木村 剛. 胸痛に対して緊急カテーテルを施行し非定型的なたこつぼ型心筋症を認めた一例.
  5. 山上新太郎, 辻村 朗, 柳澤 洋, 山田千夏, 牧山 武, 中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 尾野 亘, 木村 剛, 木下秀之, 本山秀樹, 土屋恭子, 青山晃博, 陳 豊史, 伊達洋至. 肺移植待機中の肺動脈性肺高血圧症患者における予後予測指標の検討.
  6. 松田真太郎, 杉岡紗千子, 河合喬文, 大庭宗夫, 塩路圭介, 岩室あゆみ, 上垣内敬, 松田光雄. 心筋生検にて生前に診断し得た成人T細胞性白血病(ATL)の心筋浸潤の一例. 
  7. 米田智也, 中島康弘, 一山 智, 木村 剛, 木下秀之, 相澤卓範, 岡林真梨恵, 山田千夏, 今井逸雄, 中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 尾野 亘. 僧帽弁逆流の成因解明にストレインエコーが有用であった心サルコイドーシスの1症例. 
  8. 伯田琢郎, 藤田啓誠, 齋藤成達, 静田 聡, 木村 剛. 心房細動, 肝硬変を合併したASにTAVIを施行した一例. 
  9. 家村知樹, 山田千夏, 辰島正二郎, 小笹寧子, 渡部宏俊, 牧山 武, 中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 尾野 亘, 木村 剛, 木下秀之. 血液透析施行中の末期腎不全に合併した肺高血圧症に対し肺血管拡張薬を投与した1症例. 
  10. 北野一樹, 渡部宏俊, 今井逸雄, 静田 聡, 木村 剛. 高齢者の動脈管開存症に対して経カテーテル的に閉鎖術を施行した一例. 
  11. 北野一樹, 大原弘喜, 辰島正二郎, 山田千夏, 中川靖章, 静田 聡, 桑原宏一郎, 尾野 亘, 木村 剛, 木下秀之, 谷澤公伸. 肺胞蛋白症に肺高血圧症を合併した一例.  
  12. 小倉和浩, 藤田啓誠, 渡部宏俊, 今井逸雄, 齋藤成達, 静田 聡, 木村 剛. 96歳に対しTAVIを施行した一例. 
  13. 大原弘喜, 木村 剛, 静田 聡, 今井逸雄, 田崎淳一, 塩見紘樹, 藤田啓誠. IVUSにより特発性冠動脈解離を診断した一例. 
  14. 櫻木 実, 辰島正二郎, 田崎淳一, 静田 聡, 木村 剛. EVAR術後に認めたtype2 endoleakによる瘤径拡大に対し, 腰動脈コイル塞栓術を行った一例. 
  15. 田代 結, 川治徹真, 小笹寧子, 牧山 武, 静田 聡, 木村 剛. 不整脈原性右室心筋症が疑われた右室拡大を伴う急性心筋炎の一例.
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会) 平成27年12月1日- 4日 神戸
  1. 西英一郎, 大野美紀子, 陳 博敏, 西 清人, 西城さやか, 坂本二郎, 森田雄介, 日和佐隆樹, 木村 剛. 多機能ペプチダーゼNRDcの急性冠症候群予知マーカーとしての有用性:ワークショップ「生活習慣病のバイオマーカー研究ー原因究明から治療標的の同定まで」.
  2. 大野美紀子, 平岡義範, 西 清人, 西城さやか, 坂本二郎, 陳 博敏, 森田雄介, 松田真太郎, 北 徹, 木村 剛, 西英一郎. ナルディライジンによる交感神経分布様式と循環動態制御機構.
  3. 坂本二郎, 大野美紀子, 西 清人, 西城さやか, 陳 博敏, 森田雄介, 松田真太郎, 北 徹, 木村 剛, 妹尾 浩, 西英一郎. ナルディライジンはp53活性調節を介して大腸がん細胞HCT116の化学療法感受性を制御する.
  4. 陳 博敏, 大野美紀子, 西 清人, 西城さやか, 坂本二郎, 森田雄介, 松田真太郎, 木村 剛, 西英一郎. ナルディライジンは急性冠症候群に対する有用なバイオマーカーであり、心筋梗塞後リモデリングを制御する.
  5. 森田雄介, 大野美紀子, 西 清人, 西城さやか, 陳 博敏, 坂本二郎, 松田真太郎, 木村 剛, 西英一郎. ナルディライジンのゲノム上結合領域および転写制御既往の解明.
  6. 平岡義範, 吉種 光, 布川莉奈, 大野美紀子, 西 清人, 森田雄介, 久米典昭, 北 徹, 木村 剛, 深田吉孝, 西英一郎. ナルディライジンによる概日リズム制御機構.
  7. 西 清人, 佐藤雄一, 大野美紀子, 平岡義範, 西城さやか, 坂本二郎, 陳 博敏, 森田雄介, 松田真太郎, 北 徹, 稲垣暢也, 木村 剛, 西英一郎. ナルディライジンは膵β細胞機能、分化の維持に必須である.
  8. 西城さやか, 平岡義範, 大野美紀子, 西 清人, 坂本二郎, 陳 博敏, 森田雄介, 松田真太郎, 北 徹, 木村 剛, 西英一郎. 褐色脂肪組織に発現するナルディライジンは体温恒常性維持機構において重要な役割を示す.
Cardiovascular Scientific Exchange Meeting 平成27年12月4日 大阪
  1. 加藤貴雄. AHA2015 Late Braking Clinical Trialsから日常診療を考察する心不全
  2. 塩見紘樹. AHA Congress 2015 Hotline Evidenceから日常診療を考察する.
奈良ネットワークミーティング 平成27年12月7日 奈良
  1. 芦田 昇. 炎症は本当に悪者なのか? - 線維化研究の知見から -.
第19回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 平成27年12月10日- 12日 神戸
  1. 中川靖章, 錦見俊雄, 桑原宏一郎, 木下秀之, 山田千夏, 南野直人, 中尾一和, 木村 剛. 心不全患者におけるproBNPの分泌と代謝についての検討.
  2. 中川靖章, 錦見俊雄, 桑原宏一郎, 木下秀之, 山田千夏, 南野直人, 中尾一和, 木村 剛. O型糖鎖修飾を介したヒトBNPプロセシング調節に関与する糖転移酵素についての検討.
第32回 国際心臓学会日本部会 (ISHR 2015) 平成27年12月10日- 12日 神戸
  1. 桑原宏一郎, 中川靖章, 錦見俊雄, 中尾一和, 木村 剛. MiR30-GALNT axis-mediated regulation of glycosylation participates in the secretion of proBNP in failing hearts.
第23回 日本血管生物医学会学術集会(CMVW2015) 平成27年12月10日- 12日 神戸
  1.  桑原宏一郎. 循環器専門医から見たSGLT2阻害薬の魅力.
  2. 堀江貴裕, 西野共達, 馬場 理, 桑原康秀, 中尾哲史, 西賀雅隆, 宇佐美俊輔, 出原正康, 中関典子, 井手裕也, 小山智史, 曽和尚也, 矢作直也, 島野 仁, 横出正之, 北 徹, 木村 剛, 尾野 亘. Srebp1のイントロンに存在するmicroRNA-33bはHDLコレステロールを減少させる.
第1回 Pan-Pacific Primary Angioplasty Conference 2015 (PAC15) 平成27年12月11- 12日 東京
  1. 塩見紘樹. Door to balloon time短縮について(Case Presentation).
Kinki Interventionalist Boot Camp 平成27年12月18日 大阪
  1. Tazaki J, Kimura T. Successful salvage of fractured caravel in calcified LAD lesion.
第14回 心臓血管発生研究会 平成27年12月18日- 19日 福島
  1. 芦田 昇. 心筋緻密化障害における心臓線維芽細胞NFKBの関与.
第5回 Metabolic Scientific Forum 平成27年12月19日 東京
  1. 西英一郎. ナルディライジンによる体温恒常性維持機構.
第10回 高血圧と冠動脈疾患研究会 平成27年12月19日 東京
  1. 中川靖章, 錦見俊雄, 桑原宏一郎, 木下秀之, 柴田純子, 山田千夏, 稲住英明, 加藤貴雄, 南野直人, 中尾一和, 木村 剛. MiR-30-GALNT経路による糖鎖修飾制御が病的心におけるproBNP分泌増加に関与する. 
<< 2015年業績リストTOP |                

ページの先頭へ