2010年

 

74回日本循環器学会総会学術集会, 3.5-3.7, 京都

1)  静田 聡, 牧山 武, 堀江 稔, 北 徹, 木村 剛: Bench to Bedside, Bedside to Bench. “Brugada Syndrome Case Presentation” Focus Session 2 (SS-3) Familial Cardiac Disease

2)  静田 聡:循環器教育セッションビデオライブで見る最新の心血管疾患カテーテル治療・外科手術「不整脈電気生理」ビデオライブ

3)  田村俊寛:循環器教育セッションビデオライブで見る最新の心血管疾患カテー テル治療・外科手術「PCI」ビデオライブ.

4)  田村俊寛:モーニングレクチャー「大動脈弁狭窄症に合併する消化管出血 -Heyde症候群について-

5)  小笹寧子:DVD体操を用いた運動指導とその効果. コメディカルセッション教育講演

6)  Tamura T, Kimura T, Mitsudo K, Morimoto T, Kadota K, Hayashi Y, Nobuyoshi M, on behalf of the j-Cypher Registry investigators:  Three-year Clinical Outcomes after implantation of Sirolimus-Eluting Stent with T-stenting Technique in Coronary Bifurcation Lesions from the j-Cypher Registry.

7)  Tada T, Kimura T, Morimoto T, Ono K, Furukawa Y, Nakagawa Y, Nakashima H, Namura M, Inoue N, Nishikawa H, Nakao K, Mitsudo K, for the j-Cypher Registry Investigators: Comparison of Three-Year Clinical Outcomes after Sirolimus-eluting Stent Implantation among Insulin-treated Diabetic, Non-insulin-treated Diabetic and Non-diabetic Patients: an Observation from the j-Cypher Registry.

8)  Nakao T, Kimura T, Meguro T, Nakajima H, Murata Y, Nakamura N, Haze K and on behalf of the j-Cypher Registry Investigators: The Efficacy and Safety of Triple Antiplatelet Therapy after Percutaneous C oronary Intervention (PCI) in j-Cypher Registry.

9)  Shiomi H, Tamura T, Katoh Y, Tada T, Tazaki J, Jinnai T, Ono K, Kimura T: Long-term Clinical Outcomes of Unprotected Left-main Stenting with Sirolimus Eluting Stents: Correlation between the SYNTAX Score and Clinical Outcomes.

10) Shiomi H, Tamura T, Katoh Y, Tada T, Tazaki J, Jinnai T, Ono K, Kimura T: Implantation of Sirolimus-eluting Stents for Coronary Artery Ostial Stenosis in Takayasu Arteritis.

11) Bao B, Ozasa N, Morimoto T, Tamura T, Shizuta S, Mitsudo K, Kimura T, on behalf of J-Cypher Registry Investigators: Does Oral Beta-Blocker Therapy Improve Long-term Clinical Outcomes of Patients with ST-elevation Acute Myocardial Infarction after Primary Percutaneous Coronary Intervention?

12) 宮田昭彦, 小笹寧子, 吉田路子, 鮑 炳元, 塩井哲雄, 仁木俊一郎, 東谷暢也, 八幡光彦, 北川綾子, 武田真寿美, 木村 剛:他動的自転車こぎ運動の安全性および循環動態に与える影響の検討.

13) 吉田路子,小笹寧子,鮑 炳元,梅田陽子,北川綾子,武田真寿美,塩井哲雄,木村 剛記入式手帳を用いた生活指導による冠危険因子の改善. コメディカルセッションシンポジウム

14) Kobayashi N, Hata N, Seino Y, Kume N, Inami T, Shinada T, Takahashi Y, Tomita K, Kitamura M, Kurihara O, Mizuno K:ポスター(英語)「Soluble lectin-like oxidized LDL receptor-1 level measurement for the early diagnosis of STEMI: Comparative study with myocardial necrosis markers

15) 久米典昭:ポスターセッション(日本語)「Hypertension (Basic) 2」座長

16) Shioi T: A comprehensive analysis of metabolic remodeling in heart failure.

17) Kawashima T, Shioi T, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T: SIRT1 causes metabolic remodeling of heart.

18) Ohno M, Matsuoka T, Hiraoka Y, Niizuma S, Shioi T, Kita T, Kimura T, Nishi E: A metalloendopeptidase Nardilysin is a regulator of blood pressure and heart rate.

19) Kato T, Shioi T, Niizuma S, Inuzuka Y, Kawashima T, Okuda J, Tamakai Y, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T: Analysis of metabolic remodeling in compensated left ventricular hypertrophy and heart failure.

20) Tamaki Y, Iwanaga Y, Okuda J, Niizuma S, Kawashima T, Kato T, Inuzuka Y, Shioi T, Miyazaki S, Kita T, Kimura T: Cardiac-specific overexpression of calcium-binding protein S100A4 ameliorates pressure overload-induced heart failure.

21) Inuzuka Y, Shioi T, Okuda J, Kawashima T, Kato T, Niizuma S, Tamakai Y, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe-maeda K, Machida Y, Izumi T, Kita T, Kimura T: Suppression of phosphoinositide 3-kinase prevents cardiac aging in mice.

22) Kato T, Shioi T, Niizuma S, Inuzuka Y, Kawashima T, Tamaki Y, Okuda J, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T: Metabolome analysis of the liver from rats with hypertension and heart failure.

23) Kinoshita M, Ono K, Kuwabara Y, Nishi H, Nagao K, Horie T, Mori R, Hasegawa K, Kita T, Kimura T: MicroRNA-448 regulates adipocyte differentiation by targeting KLF5.

24) Tazaki J, Yohma M, Higashitani N, Tamura T, Ono K, Marui A, Inoue K, Kimura T: Midterm outcome of Inoue stent graft for the treatment of thoracic aortic aneurysm and dissections.

25) Shiomi H, Tamura T, Katoh Y, Tada T, Tazaki J, Jinnai T, Ono K, Kimura T: Long-term cnlinical outcomes of unprotected left main stenting with sirolimus eluting stents: correlation between the SYNTAX score and clinical outcomes.

26) Wada H, Satoh N, Kitaoka S, Ono K, Morimoto T, Kawamura T, Nakano T, Fujita M, Kita T, Shimatsu A, Hasegawa K: Soluble VEGF receptor-2 is a possible novel indicator of impaired angiogenesis in Metabolic Syndrome.

27) Shiomi H, Tamura T, Katoh Y, Tada T, Tazaki J, Jinnai T, Ono K, Kimura T: Implantation of sirolimus-eluting stents for coronary artery ostial stenosis in Takayasu arteritis.

28) Ono K, Nishi H, Iwanaga Y, Horie T, Nagao K, Takemura G, Kinoshita M, Kuwabara Y, Takanabe-Mori R, Hasegawa K, Kita T, Kimura T: Impact of microRNAs on cardiomyocyte metabolism. Topic 12

29) Nishi H, Ono K, Horie T, Nagao K, Kinoshita M, Kuwabara Y, Mori-Takanabe R, Hasegawa K, Kita T, Kimura T: MicroRNA-27a regulates beta cardiac myosin heavy chain gene expressions by targeting thyroid hormone receptor beta 1.

30) Takanabe-Mori R, Ono K, Sowa N, Wada H, Takaya T, Satoh N, Shimatsu A, Fujita M, Sawamura T, Hasegawa K: LOX-1 is required for overexpression of MCP-1 in mesenteric fat tissue of obese mice.

31) Takanabe-Mori R, Ono K, Sowa N, Wada H, Takaya T, Satoh N, Shimatsu A, Fujita M, Sawamura T, Hasegawa K: Roles of lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 for glucose tolerance in normal and obese mice.

32) Kuwabara Y, Ono K, Horie T, Nishi H, Nagao K, Watanabe S, Kinoshita M, Kojima Y, Kita T, Kimura T: MicroRNA-378, which exists intronic lesion of PGC-1beta, deteriorates cardiomyocyte survival under oxidative stress.

33) Kojima Y, Ono K, Inoue K, Yoshida Y, Nakashima Y, Nobuyoshi M, Kita T, Kimura T, Tanaka M: Progranulin is expressed in the human atherosclerotic plaque and reduces IL-8 secretion from smooth muscle cells, endothelial cells, and macrophages.

34) Watanabe S, Ono K, Horie T, Nagao K, Nishi H, Kinoshita M, Kuwabara Y, Kimura T: Ca2+/calmodulin-dependent kinase kinase b (CaMKKb) contributes to energy supply in adaptive phase of pressure-overload-induced heart failure.

35) Horie T, Ono K, Nishi H, Nagao K, Kinoshita M, Kuwabara Y, takanabe R, Watanabe S, Kojima Y, Nakashima Y, Iwanaga Y, Hasegawa K, Kita T, Kimura T: microRNA-146-mediated reduction of ErbB4 is an early event in Doxorubicin-induced cardiomyocyte cell death.

36) Nagao K, Ono K, Horie T, Kinoshita M, Nishi H, Tamaki Y, Kuwabara Y, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T: Neural cell adhesion molecule is a cardioprotective factor upregulated by metabolic stress.

37) Kishimoto C, Hirano E, Komiyama T, Fujita M: Erythromycin treatment suppressed myocardial injury in autoimmune myocarditis.

38) Kishimoto C, Shimada K, Shioji K: Inhibitory Fcg receptor protects against the development of myocarditis in mice.

39) Kishimoto C, Yuan Z: Activation of cannabinoid-2 receptor ameliorates atherosclerosis associated with suppression of proinflammatory responses.

40) 牧山 武:Both Gain- and Loss-of-Function Mutations in the Cardiac Na+ Channel Gene, SCN5A, are Associated with Sudden Infant Death Syndrome (SIDS).

41) 牧山 武:Dilated Cardiomyopathy: DCM, Case presentation. (Focus session)

42) 服部哲久:A novel gain-of-function KCNJ2 mutation associated with short QT syndrome impairs inward rectification of Kir2.1 currents. (Featured research session)

43) Matsuoka T, Ohno M, HIraoka Y, Kita T, Kimura T, Nishi E: Nardilysin, a Novel Transcriptional Co-regulator of PPARalpha, Controls Glucose and Lipid Metabolism.

44) Sunagawa Y, Fukuda H, Wada H, Takaya T, Marui A, Uemura K, Shimazu A, Fujita M, Hasegawa K, Morimoto T: A novel drug-delivery system of oral curcumin markedly improves efficiency of heart failure treatment after myocardial infarction in rats.

45) Kawaguchi S, Sunagawa Y, Murakami A, Yabuki S, Murai N, Wada H, Takahashi K, Fukuda H, Uemura K, Shimatsu A, Kimura T, Fujita M, Hasegawa K: Auraptene, a citrus flavonoid, prevents the deterioration of systolic function after myocardial infarction in rats.

 

ADATARAライブ ランチョンセミナー5.13、福島

田村俊寛:XIENCE V in daily clinical practice

 

21回日本心エコー学会学術集会5.13-15、札幌

中尾哲史, 長峯彰子, 多田朋弥, 田村俊寛, 塩井哲雄, 尾野 亘, 木村 剛, 米田智也:たこつぼ型心筋症に心室中隔穿孔を合併し保存的加療で救命し得た一症例.

 

109回日本循環器学会近畿地方会6.5、大阪

1)  長峯彰子, 中尾哲史, 多田朋弥, 田村俊寛, 塩井哲雄, 尾野 亘, 木村 剛: たこつぼ型心筋症に心室中隔穿孔を合併し, 保存的加療により救命し得た症例.

2)  東谷暢也, 田崎淳一, 小笹寧子, 田村俊寛, 尾野 亘, 塩井哲雄, 木村 剛: 閉塞性動脈硬化症を合併し, PCI後に心外膜炎を発症した狭心症の一例.

3)  吉川 慶, 陣内俊和, 仁木俊一郎, 多田朋弥, 田崎淳一, 小笹寧子, 土井孝浩, 静田 聡, 尾野 亘, 塩井哲雄, 木村 剛: 心室性不整脈のコントロールに難渋した急性冠症候群の一例.

4)  南野恵里, 早野 護, 八幡光彦, 中尾哲史, 土井孝浩, 静田 聡, 塩井哲雄, 尾野 亘, 木村 剛: 慢性心房細動例に対しカテーテルアブレーションとbepridilにより洞調律維持が可能であった一例.

5)  八幡光彦, 塩見紘樹, 仁木俊一郎, 東谷暢也, 中尾哲史, 早野 護, 加藤義紘, 多田朋弥, 田崎淳一, 陣内俊和, 土井孝浩, 牧山 武, 西山 慶, 田村俊寛, 小笹寧子, 静田 聡, 尾野 亘, 塩井哲雄, 木村 剛: 若年発症のHCMに対してICD埋め込みを施行した一例.

6)  守上裕子, 陣内俊和, 多田朋弥, 田崎淳一, 小笹寧子, 土井孝浩, 田村俊寛, 静田 聡, 塩井哲雄, 尾野 亘, 木村 剛: 右冠動脈瘤を合併したベーチェット病の症例.

7)  仁木俊一郎, 塩見紘樹, 早野 護, 牧山 武, 土井孝浩, 小笹寧子, 田村俊寛, 尾野 亘, 塩井哲雄, 木村 剛: ステロイドパルスが奏功したと考えられる心筋炎の一例.

8)  八幡光彦, 加藤義紘, 仁木俊一郎, 東谷暢也, 中尾哲史, 塩見紘樹, 早野 護, 多田朋弥, 田崎淳一, 陣内俊和, 土井孝浩, 田村俊寛, 小笹寧子, 静田 聡, 尾野 亘, 塩井哲雄, 堀内久徳, 塩井哲雄, 木村 剛: 高ホモシステイン血症で下大静脈に血栓が生じ, 肺塞栓となった一例.

9)  仁木俊一郎, 中尾哲史, 早野 護, 加藤義紘, 多田朋弥, 田崎淳一, 田村俊寛, 尾野 亘, 塩井哲雄, 木村 剛: 人工股関節手術中に発症した脂肪閉塞症に対しPCPSで救命し得た一例.

10) 岸本千晴、早川勇人、仁科尚人、橋本哲男:劇症型心筋炎に対して免疫グロブリン療法を行い11年が経過した拡張型心筋症の一例

 

191回日本内科学会近畿地方会6.12、京都

大箸祐子, 早野 護 , 田村俊寛 , 塩井哲雄, 尾野 亘, 木村 剛, 高橋 淳:Bow hunter's 症候群による失神が疑われた一例.

 

TOPIC 2010 Tough & Excellent Cases7.16、東京

加藤義紘, 田村俊寛, 木村 剛: 左前下行枝へXIENCE Vステントを留置した4日後に心肺停止となったRecent Myocardial Infarctionの一例(早期ステント血栓症と考えるべきか?).

 

16回日本心臓リハビリテーション学会7.17、鹿児島

吉田路子, 小笹寧子, 鮑 炳元, 梅田陽子, 北川綾子, 武田真寿美, 塩井哲雄, 木村 剛: 高齢心不全患者に対するチェア・エクササイズの安全性と効果.

 

19回日本心血管インターベンション治療学会;CVIT2010学術集会8.22-24、仙台

1) 静田 聡:急性心筋梗塞に伴う不整脈管理の重要性について 『追加発言』:ランチョンセミナー17

2) 吉田路子, 小笹寧子, 鮑 炳元, 梅田陽子, 北川綾子, 武田真寿美, 塩井哲雄, 木村 剛: 当院における心筋梗塞患者の退院時ADLの評価について.

3) Tazaki J, Higashitani N, Niki S, Shiomi H, Tada T, Imai M, Tamura T, Ono K, Kimura T: Two Cases of Very Late Stent Thrombosis Over 40 Month after the Primary DES Implantation.

4) 塩見紘樹, 田村俊寛, 加藤義紘, 多田朋弥, 田崎淳一, 今井逸雄, 塩井哲雄, 木村 剛: 高安病に合併した左主幹部病変へのシロリムス溶出性ステント留置例の検討.

5) Kato Y, Tamura T, Tazaki J, Kimura T: A Case of Stent Thrombosis with the Cardiopulmonary Arrest Four Days after XIENCE V Stent Implantation for Recent Myocardial Infarction.

6) Higashitani N, Imai M, Niki S, Shiomi H, Kato Y, Tada T, Tazaki J, Tamura T, Kimura T: A Case of Very Late Stent Thrombosis with Peri-Stent Contrast Staining.

7) Niki S, Kimura T: Usefullness of the SYNTAX Score for Predicting TLR before Procedure in Patients with Unprotected Left-main Stenting. 

8) Bao B, Ozasa N, Morimoto T, Tamura T, Shizuta S, Mitsudo K, Kimura T, on behalf of J-Cypher Registry Investigators: Japanese Cardiologists' Level of Adherence to Clinical Guidelines for the Use of Beta-blocker after STEMI Varies According to Institutions.

 

58回日本心臓病学会学術集会9.17-19、東京

1)  梅田陽子, 吉田路子, 小笹寧子, 鮑 炳元, 武田真寿美, 塩井哲雄, 木村 剛:チェア・エクササイズの実際とその効果高齢心不全患者での検討

2)  吉田路子, 小笹寧子, 鮑 炳元, 梅田陽子, 武田真寿美, 塩井哲雄, 木村 剛:急性心筋梗塞患者の退院時ADLと二次予防について.

3)  小林宜明、畑典武、久米典昭、品川卓郎、宮田和憲、北村光信、白壁章宏、野崎文華、徳山栄男、稲見徹、清野精彦、水野杏一:一般演題「虚血性心疾患3 バイオマーカー2」急性冠症候群と冠攣縮性狭心症の鑑別におけるsLOX-1の有用性

4)  久米典昭:一般演題「虚血性心疾患3 バイオマーカー2」座長

5)  岸本千晴、島田佳奈、村山敏典、横出正之、北 徹:オルメサルタンは実験的動脈硬化症を改善する

6)  岸本千晴、辰巳新水、長谷川浩二、松村正彦、東秋 弘:両室造影にてASHの残存を認めた家族性の拡張相肥大型心筋症の一例

 

カテーテルアブレーション関連秋季大会10.22、東京

静田 聡, 早野 護, 八幡光彦, 大西尚昭, 佐々木康博, 牧山 武, 土井孝浩, 西山 慶, 南方謙二, 三和千里, 坂田隆造, 木村 剛:肺静脈隔離術後に左房食道瘻を生じ, 緊急開胸術にて救命し得た高齢女性の一 例.

 

110回日本循環器学会近畿地方会11.27、京都

1)  八幡光彦, 塩見紘樹, 仁木俊一郎, 東谷暢也, 早野 護, 加藤義紘, 多田朋弥, 田崎淳一, 土井孝浩, 小笹寧子, 静田 聡, 尾野 亘, 塩井哲雄, 牧山 武, 木村 剛:発作性上室頻拍症を来たし心不全を来した修正大血管転位症に対しアブレーション, CRT治療を行った例.

2)  大西尚昭, 田崎淳一, 土井孝浩, 塩井哲雄, 木村 剛: 心臓血管外科 坂田隆造:拡張型心筋症に合併した僧房弁閉鎖不全症に対し再手術を施行した一例.

3)  稲住英明, 東谷暢也, 田崎淳一, 仁木俊一郎, 今井逸雄, 塩井哲雄, 木村 剛: DES留置後に抗血小板剤がcilostazol単剤でfollowされ, 2枝同時にvery late stent thrombosisを発症した一例.

4)  佐々木康博, 中島 徹, 早野 護, 田崎淳一, 塩井哲雄, 木村 剛, 三和千里, 柳 茂樹, 山崎和裕, 小森麻衣: 胸腔鏡下左肺上葉切除術後に陣塞栓を発症した一例.

5)  守上裕子, 塩見紘樹, 東谷暢也, 田崎淳一, 徳重明央, 今井逸雄, 牧山 武, 小笹寧子, 土井孝浩, 静田 聡, 尾野 亘, 塩井哲雄, 木村 剛: PCI後にPCPSを来した症例.

6)  渋谷倫太郎, 八幡光彦, 牧山 武, 土井孝浩, 静田 聡, 尾野 亘, 塩井哲雄, 木村 剛: 肝移植でドナー検診で見つかった家族性Burugada症候群の兄弟例.

 

8回京都心血管疾患フォーラム1.10、京都

1)  八幡光彦, 加藤義紘, 多田朋弥, 田村俊寛, 仁木俊一郎, 東谷暢也, 中尾哲史, 早野 護, 塩見紘樹, 田崎淳一, 犬塚康孝, 陣内俊和, 土井孝浩, 西山 慶, 小笹寧子, 牧山 武, 静田 聡, 尾野 亘, 塩井哲雄, 木村 剛:心室細動による心肺停止から蘇生後, 低体温療法を施行した2.

2)  佐々木康博, 早野 護, 大西尚昭, 八幡光彦, 牧山 武, 土井孝浩, 静田 聡, 塩井哲雄, 木村 剛:WPW症候群へのablation施行後に心拡大の改善を認めた一例.

3)  東谷愓也, 田崎淳一, 当麻正直, 丸井 晃, 坂田隆造, 木村 剛, 井上寛治:大動脈解離に対するInoue stent graftを用いたステントグラフト内挿術の臨床成績.

4)  桑原康秀, 尾野 亘, 堀江貴裕, 西 仁勇, 長央和也, 木下美菜子, 渡辺 真, 馬場 理, 小島洋児, 静田 聡, 田村俊寛, 北 徹, 木村 剛:心筋特異的microRNA-1microRNA-133aの血中における上昇は心筋傷害を示唆する.

 

37回関西高血圧研究会1.29、京都

小笹寧子, 仁木俊一郎, 尾野 亘, 塩井哲雄, 木村 剛, 酒井 健, 曽根正勝, 中尾一和, 北川雅史, 宮本享:心不全を契機に診断されたCushing病の一例.

 

2回京滋心臓リハビリテーション研究会2.1、京都

吉田路子, 小笹寧子, 鮑 炳元, 梅田陽子, 塩井哲雄, 木村 剛:高齢心不全患者における運動療法.

 

動脈硬化ケーススタディ2.27、京都

東谷暢也, 田崎淳一, 尾野 亘, 当麻正直, 丸井 晃, 井上寛治, 木村 剛:ステントグラフト内挿術後の大動脈瘤周囲に炎症を生じステロイドが奏功した2症例.

 

The 27thLive Demonstration in KOKURA5.14-16、福岡

1)  静田 聡:CUBIC試験.

2)  東谷暢也, 田崎淳一, 徳重明央, 仁木俊一郎, 加藤義紘, 塩見紘樹, 夏秋政浩, 多田朋弥,中島 徹, 今井逸雄, 田村俊寛:ステント血栓症により2枝同時閉塞をきたした2症例.

 

Cadiology & Gastroenterology Joint Meeting5.21、福井

田崎淳一:DES時代の抗血小板療法について.

 

2回滋賀心臓リハビリテーションセミナー6.24、滋賀

小笹寧子:心大血管リハビリテーションのEvidencePractice~健康寿命の延長を目指して~

 

塩野義社内勉強会7.30、京都

小笹寧子:心臓リハビリテーションの薬物療法に関して.

 

23回洛北循環器勉強会7.31、京都

大西尚昭, 多田朋弥, 木村 剛:呼吸苦を主訴に来院した心筋梗塞の一例.

 

9Kyoto Cardio Club8.21、京都

静田 聡:心房細動に対するカテーテル・アブレーション.

 

US-Japan-Asia Dialogue on Cardiovascular Diseases8.21東京

Bao B, Ozasa N, Morimoto T, Tamura T, Shizuta S, Mitsudo K, Kimura T, on behalf of J-Cypher Registry Investigators: Does Oral Beta-Blocker Therapy Improve Long-term Clinical Outcomes of Patients with ST-elevation Acute Myocardial Infarction After Primary Percutaneous Coronary Intervention.

 

低体温フォーラム9.4、京都

加藤義紘, 田村俊寛, 尾野 亘, 木村 剛:当院における低体温症例.

 

重症心不全フォーラム9.7、京都

1)  加藤義紘, 仁木俊一郎, 静田 聡, 尾野 亘, 木村 剛:心筋炎後の重症心不全の一例.

2)  大西尚昭, 田崎淳一, 土井孝浩, 塩井哲雄, 尾野 亘, 木村 剛, 坂田隆造:拡張型心筋症に合併した僧帽弁閉鎖不全症に対し再手術を施行した一例.

 

循環器・消化器 joint meeting in Kyoto9.30、京都

田崎淳一, 木村 剛:抗血小板薬のリスクとベネフィット.

 

X-pert Forum10.26、大阪

塩見紘樹:Cypher留置後のVLSTに対してXienceを留置した一例.

 

4回京都循環器 診断・治療アップデート10.30、京都

静田 聡:心房細動に対するカテーテル・アブレーション.

 

8回島原病院病診連携の会11.13、京都

静田 聡:最新ガイドラインを踏まえた心房細動治療のUp-to-date.

 

BESTカンファレンス11.20、大阪

田崎淳一:胸部大動脈瘤にたいする井上ステントグラフトの成績.

 

AF Therapeutics in Kobe12.17、神戸

静田 聡:頻脈性不整脈に対する非薬物治療の Evidence and Beyond.

 

高脂血症治療薬の糖・脂質代謝と血管に及ぼす影響を考える会2.18、長崎

久米典昭:特別講演 動脈硬化性疾患予防のための脂質管理最新の知見

 

Young Research Forum 特別講演、5.27、福岡

久米典昭:Soluble LOX-1とバイオマーカーの話題

 

2回脂質異常症の問題と今後の方向性 特別講演、6.10、堺

久米典昭:Soluble LOX-1と急性冠症候群のバイオマーカー

 

2 Intervention Forum in Kyoto 教育講演、7.9、京都

久米典昭:冠動脈疾患予防のための脂質管理non-HDL-CHDL-Cの重要性

 

42回日本動脈硬化学会7.15-16、岐阜

久米典昭:ポスターセッション「バイオマーカー」座長

 

2回臨床動脈硬化研究会11.26、大阪

久米典昭:急性冠症候群のバイオマーカーの話題

 

22回北九州心血管機能研究会2.10、小倉

塩井哲雄:心不全治療標的としての心臓リモデリング

 

Meet the specialist: 心不全のNST(Nutritional Support Team)を考えよう!4.23、京都

塩井哲雄:心不全治療における最新の話題

 

33回心筋代謝研究会7.3-4、東京

1) 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 奥田淳司, 革嶋恒明, 加藤貴雄, 田巻庸道, 岩永善高, 吉田友紀, 小杉理恵, 渡邉佳代, 町田陽二, 辻 信吾, 油谷浩之, 和泉 徹, 北徹, 木村 剛, 塩井哲雄. A constitutive activation phosphoinositide 3-kinase modifies cardiac aging in mice.

2) Watanabe S, Ono K, Kimura T: Ca2+/calmodulin-dependent kinase kinase b (CaMKKb) contributes to energy supply in adaptive phase of pressure-overload-induced heart failure.

 

1Molecular Cardiovascular Conference II9.3-5小樽

1) 塩井哲雄, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 奥田淳司, 革嶋恒明, 加藤貴雄, 田巻庸道, 岩永善高, 吉田友紀, 小杉理恵, 渡邉佳代, 町田陽二, 辻 信吾, 油谷浩之, 和泉 徹, 北 徹, 木村 剛:A constitutive activation phosphoinositide 3-kinase modifies cardiac aging in mice.

2) 奥田淳司, 塩井哲雄, 新妻晋一郎, 加藤貴雄, 犬塚康孝, 革嶋恒明, 田巻庸道, 岩永善高, 北 徹, 木村 剛:Overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, induces proinflammatory response and impairs cardiac function.

 

彦根循環器カンファレンス9.11、彦根

塩井哲雄:心不全診療のトピックス予防・診断・治療

 

小浜医師会学術講演会9.13、小浜

塩井哲雄:高血圧治療における心拍数管理の意義心拍数は寿命を規定する?-

 

14回日本心不全学会学術集会10.7-9、東京

1) 塩井哲雄:心臓老化におけるPI3キナーゼの役割

2) 革嶋恒明, 犬塚康孝, 奥田淳司, 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 田巻庸道, 北 徹, 木村 剛, 塩井哲雄:SIRT1 overexpression modifies cardiac energy metabolism.

3) 岸本千晴、島田佳奈、平野絵美、小宮山多恵果、三神 優、藤田正俊: G-CSFNOを介してラットの自己免疫性心筋炎を改善する

 

17回関西不全心研究会10.16、大阪

新妻晋一郎, 犬塚康孝, 革嶋恒明, 奥田淳司, 加藤貴雄, 河本 章, 田巻庸道, 岩永善高, 北 徹, 木村 剛, 塩井哲雄:恒常的PI3キナーゼ活性は心臓老化関連変化を修飾した.

 

53回仙台心臓血管研究会10.27、仙台

塩井哲雄:Metabolic basi of cardiac aging and failure.

 

厚生労働省難治性疾患克服研究事業:特発性心筋症に関する調査研究、2010年度第1回研究報告会10.28、東京

塩井哲雄, 加藤貴雄, 木村 剛:心不全の進行に伴う心臓エネルギー代謝変化の包括的解析

 

47回日本臨床分子医学会学術集会4.10-11、東京

1)  堀江貴裕、尾野 亘、西 仁勇、長央和也、木下美菜子、桑原康秀、森利依子、長谷川浩二、北 徹、木村 剛:ドキソルビシンによる心筋障害にはmiR-146aによるneuregulin/ErbBシグナルの抑制が関わる

2)  木下美菜子、尾野 亘、桑原康秀、西 仁勇、長央和也、堀江貴裕、森利依子、長谷川浩二、北 徹、木村 剛:MicroRNA-448は脂肪細胞分化を抑制する

 

2回京阪神心不全研究会12.4

堀江貴裕、尾野 亘、西 仁勇、長央和也、木下美菜子、桑原康秀、森利依子、長谷川浩二、北 徹、木村 剛:SREBP2のイントロンにコードされるマイクロRNA-33は生体においてHDLの形成を制御する

 

22回洛北循環器勉強会1.30、京都

尾野 亘:ゲノム機能からみた心血管疾患の分子機構。個性、疾患、進化とゲノムの関係~小さなRNAの多彩な働き~

 

京都西部地区病診連携講演会7.24、京都

尾野 亘:冠疾患リスクに挑戦する臨床研究と基礎研究

 

Real-conference in 金沢12.9、金沢

尾野 亘:HDLコレステロール制御の新しいメカニズム~microRNA-33欠損マウスの解析~

 

27回日本心電学会学術集会10.8-9、大分

1)  若本陽子:心筋症における遺伝的背景の検討(ミオシン重鎖遺伝子解析)(Student session)

2)  大野聖子, Dimitar P Zankov, Wei-Guang Ding, 伊藤英樹, 土井孝浩、静田 聡, 服部哲久, 牧山 武, 松浦 博, 堀江 稔:KCNE5遺伝子変異からBrugada症候群の性差を考えるラウンドテーブルディスカッション

 

69回日本癌学会学術総会9.22-24、大阪

1) 神田啓太郎、米門秀行、妹尾 浩、千葉 勉、西 英一郎:ナルディライジンによるIL-6/Stat3シグナルを介した胃癌細胞の増殖制御

2) Kanda K, Komekado H, Seno H, Chiba T, Nishi E: Nardilysin is involved in the regulation of cell growth through activating IL-6-STAT3 signaling in gastric cancer cells.

 

47回日本臨床分子生物学会4.10-11、東京

1) 松岡龍彦、平岡義範、大野美紀子、大島尚子、清成 寛、木村 剛、北 徹、西 英一郎A metalloendopeptidase nardilysin is an essential regulator for glucose and lipid metabolism.

2) 大野美紀子、平岡義範、松岡龍彦、木村 剛、北 徹、西 英一郎:Nardilysin regulates axonal maturation and myelination in the central and peripheral nervous system.

 

BMB201012.7-10、神戸

1) 西 英一郎:Nardilysin regulates axonal maturation and myelination through modulating ectodomain shedding of neuregulin1、シンポジウム『Ectodomain shedding biology-細胞膜蛋白質の機能変換機構-

2) Hiraoka Y, Matsuoka T, Ohno M, Kita T, Kimura T, Nishi E: The role of a metalloendopeptidase nardilysin in adaptive thermogenesis. ポスター発表

3) Matsuoka T, Hiraoka Y, Ohno M, Ohshima N, Kiyonari H, Kimura T, Kita T, Nishi E: NRDc controls lipid and glucose metabolism through the modulation of PPARalpha activity. ポスター発表

4) Ohno M, Hiraoka Y, Matsuoka T, Nishi K, Kimura T, Kita T, Nishi E: シェディング活性化因子ナルディライジンの多発性硬化症における意義の解明、ポスター発表

 

京都大学探索医療センター研究セミナー1.20、京都

西 英一郎:βセクレターゼ活性調節因子を標的とする新たなアルツハイマー病治療法の開発軸索成熟・髄鞘形成におけるナルディライジンの役割

 

京都大学大学院医学研究科消化器内科セミナー2.23、京都

西 英一郎:シェディング活性化因子ナルディライジンの生物学的機能の探求

 

第1回京都循環器内科カンファレンス5.22、京都

西 英一郎:京都大学循環器内科における基礎研究の紹介シェディング活性化因子ナルディライジンの生物学的機能の探求

 

京都大学医学研究科医学領域産学推進連携機構インキュベーションプラザ7.21、京都

西 英一郎:シェディング活性化因子ナルディライジンの疾患における意義の探求

 

(財)慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団研究報告会12.11、京都

平岡義範:アルツハイマー病におけるαセクレターゼ活性化因子Nardilysinの役割の解明

 

Annual session of the Society of Cardiovascular Endocrinology and Metabolism4.1、奈良

柳田素子:USAG-1, a novel BMP antagonist expressed in the kidney, accelerates acute and chronic kidney injury.

 

新大阪腎疾患カンファレンス1.23、大阪

柳田素子:腎臓病はどこまで直せるのか、その展望と課題

 

宮崎サイエンスキャンプ2.27、宮崎

柳田素子:新しい国民病、慢性腎臓病の病態解明を目指して

 

信州腎セミナー2.21、長野

柳田素子:腎臓病はどこまで直せるのか、その展望と課題

 

神戸循環器フォーラム4.26、神戸

柳田素子:新しい国民病、慢性腎臓病の病態解明を目指して

 

東北大学gCOEセミナー6.11、仙台

柳田素子:How kidneys fail and regenerate.

 

42回日本臨床分子形態学会総会9.25、三島

柳田素子:遺伝性腎失陥アルポート症候群の基底膜破綻におけるBMP-7とそのアンタゴニスト    USAG-1の機能解析

 

日本顕微鏡学会11.12、金沢

柳田素子:腎臓における幹細胞維持メカニズムの解明

 

Vascular Science Meeting11.26、福岡

柳田素子:新しい国民病、慢性腎臓病の病態解明を目指して

 

60回和歌山腎疾患勉強会11.25、和歌山

柳田素子:新しい国民病、慢性腎臓病の病態解明を目指して

 

群馬若手医師のための腎臓セミナー12.14、前橋

柳田素子:腎臓病はどこまで治るのか、どう治すのか

 

53回日本腎臓学会学術総会6.16-18、神戸

1) 遠藤知美:Genetic lineage tracingを用いて腎再生および線維化を担う細胞群を探る

2) 富田真弓:BMP7は幹細胞プールを維持することでネフロン数を決定する

 

15回東北セロトニン研究会2.20、仙台

藤田正俊:セロトニンと側副血行循環.

 


ページの先頭へ