HOME > 基礎研究グループの活動 > 心不全研究グループ

心不全研究グループ

当研究室の概要

「心不全の病態解明」、それが私たちの目標です。心不全は、機械的過負荷や虚血などの障害に対し、心臓が、収縮性、大きさ、代謝、電気生理学的特性、などを変化させる過程を経て発症します。これらの変化は互いに関連し合う為、心不全の発症メカニズムは非線型なシステムとなります。私たちは心不全の病態解明のため、生理学、生化学、遺伝学、システムバイオロジーなど種々の手法を用いて研究に取り組んでいます。そして、病態の解明こそが人口の高齢化と共に指数関数的に増加する心不全に対して、「予防し介入する」最大の取り組みだと考えています。

 

研究内容

1.心臓肥大・心不全における心臓の恒常性維持と破綻のメカニズム

心臓の大きさの体の大きさに対する比は種を超えて保存されており、そこには厳格な恒常性維持の仕組みが働いていると考えられます。心臓の大きさは、主に、「外的な機械的負荷」と「細胞および臓器自律性の仕組み」により規定されます。心不全の悪化因子として様々な因子が考えられますが、「大きさの恒常性の破綻」は重要な因子であると考えます。例えば心重量が正常の1.8倍を超えると心臓のエネルギー産生が低下し始めることが分かっています。研究室の開設者の塩井らはインスリン・シグナルが細胞自律性に心臓の大きさを調節していることを示してきました(塩井 et al, 2000, 2002)。また、インスリン・シグナルが心臓の老化に中心的役割を果たすことを示してきました(犬塚et al, 2009, 新妻 et al, 2012)。ではなぜ、インスリン・シグナルが中心的役割をになうのでしょう?

インスリン・シグナル系は線虫から存在し、栄養素やストレスを感知して応答するシグナル系であり、飢餓に際して活性化される長寿遺伝子サーチュイン(Sirtuin)などと共に、種を超えて保存され寿命とも深くかかわっています。心臓は食事などにより変化する体内環境に応じて、脂肪酸、糖、ケトン体、などをエネルギー基質として利用し、血圧や心拍数など刻々と変化する外的負荷に応じて収縮し続けるため、飢餓状態でも働く頑健なエネルギー代謝システムを有していると考えられます。心不全は「エネルギーが枯渇した状態である」との仮説が古くからありますが、その仕組みおよび生物学的意義は不明です。

 

2.jpg
(心不全進展に伴い大きく変化する代謝。糖の取り込みは著明に増え、脂肪酸取り込みは減少する)
私たちは心不全において、エネルギー代謝システムが破綻していること、またそれが治療ターゲットになることを示してきました(加藤et al, 2010)。また、長寿遺伝子Sirtuinや解糖系酵素の心臓特異的な過剰発現はミトコンドリア機能障害や心不全、ストレス応答低下をきたすことを示しました(革嶋et al, 2011, 奥田et al, 2012)。次に、心臓のエネルギー代謝が全身の栄養状態によって規定されている可能性を見いだしており、その仕組みを明らかにしようとしています。例えば、心不全モデル動物において肝臓は糖を全身に供給する代わりに肝臓に取り込んでいました(加藤et al, 2012)。また、臨床的に“栄養不良”が重症度とどのようにかかわるかについては、安定した肺高血圧症患者さんを一つのモデルとして、肺動脈圧と栄養状態との関係を明らかにしています(河本et al, 2015)。
3.jpg

(長寿遺伝子SIRT1は飢餓時の恒常性維持の鍵分子)

2. ミトコンドリアの役割

握りこぶし大の心臓が1日に消費するATPは7kgとも35㎏とも言われていますが、ある一瞬ではATPは心臓に0.7gしか存在せず拍動にして10心拍分だといわれています。ミトコンドリアは絶え間ないエネルギー産生の中心であり、酸化ストレスの産生のみならず様々な臓器において多くの生命現象にかかわっています。私たちは、心不全の研究を進めるうちにミトコンドリアの重要性に着目しそれらをどのようにmodifyすれば心不全を軽くできるか、老化を防止できるかを考えています。Sirtuinの過剰発現も解糖系遺伝子の過剰発現もミトコンドリアの形態・機能異常をおこし、エネルギー恒常性破綻に大きくかかわると考えられます。ミトコンドリア機能を生体内で評価する方法を明らかにし(河本et al, 2015)、臨床での研究(加藤et al, 2015)や基礎研究のツールとして用いています。

 

ミトコンドリア形態異常.jpg

(不全心筋におけるミトコンドリアの形態異常:図中のMがミトコンドリア)

3.心不全を分類する

基礎研究から様々な分子のノックアウト・トランスジェニックモデルにより、心不全発症の新規メカニズムや増悪因子が同定されています。炎症・サイトカイン・老化・相対的虚血・代謝...。しかし、心不全診療に役立っているのは、原疾患の治療、RAS系阻害、β遮断薬であり、症状改善薬である利尿薬や強心薬です。また、多臓器にわたる連関も大きな課題です。このGapを埋めるのは、“個々の患者さんの個々の病態”です。そのためには、HFpEF, HFrEFやDCMという形態的な診断や分類よりもう少し詳しい分類が必要だと思われます。基礎科学の視点で臨床の問題をとらえなおし、臨床心不全学から基礎的な研究を進めるcrosstalkを目指します。

 

4.KCHF研究

臨床研究グループと共同で、19施設の前向き観察研究です。急性心不全患者さんの実態を明らかにします。また、新しい臨床研究のシーズをそこから探索します。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ehf2.12138/abstract

 

5.jpg

 

 

 

 

所属者

所属者の写真

加藤 貴雄(助教)

  • 牟田 恵里(大学院生)
  • 塩井 哲雄(客員研究員)
  • グループOB
  • 犬塚 康孝
  • 田巻 庸道
  • 革嶋 恒明
  • 新妻 晋一朗
  • 奥田 淳司
  • 河本 章
  • 棚田 洋平 (留学中)
ページの先頭へ

発表論文

英文

2017年

  1. Tanada Y, Okuda J, Kato T, Minamino-Muta E, Soga T, Murata I, Shioi T, Kimura T. The metabolic profile of a rat model of chronic kidney disease Peer J 2017;5:e3352; DOI 10.7717/peerj.3352 心不全CKDモデルラットの腎臓の代謝変化を解析した論文です。Available here

  2. Yamamoto E, Kato T, Ozasa N, Yaku H, Inuzuka Y, Tamaki Y, Kitai T, Morimoto T, Taniguchi R, Iguchi M, Kato M, Takahashi M, Jinnai T, Ikeda T, Nagao K, Kawai T, Komasa A, Nishikawa R, Kawase Y, Morinaga T, Kawashima T, Motohashi Y, Kawato M, Toyofuku M, Sato Y, Kuwahara K, Shioi T, Kimura T: On behalf of the KCHF study investigators. Kyoto Congestive Heart Failure (KCHF) Study: Rationale and Design. ESC Heart Failure 2017 DOI: 10.1002/ehf2.12138. KCHF研究のプロトコール論文です。 http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ehf2.12138/abstract
  3. Minamino-Muta E, Kato T, Morimoto T, Taniguchi T, Inoko M, Haruna T, Izumi T, Miyamoto S, Nakane E, Sasaki K, Funasako M, Ueyama K, Shirai S, Kitai T, Izumi C, Nagao K, Inada T, Tada E, Komasa A, Ishii K, Saito N, Sakata R, Minatoya K, KimuraT. Impact of the left ventricular mass index on the outcomes of severe aortic stenosis: A report from the CURRENT AS registry Heart Published Online First: 06 July 2017. doi: 10.1136/heartjnl-2016-311022 左室肥大がAS患者のどのような人で起こるか、またその予後への影響を調べた論文です。Abstract (Pubmed)

2016年


  1. Kato T. A data sheet for the simultaneous assessment of dual radiotracer uptake in the heart. MethodsX 2016 Apr 2;3:289-96. Abstract (Pubmed)
  2. Yasuda M, Iwanaga Y, Kato T, Izumi T, Inuzuka Y, Nakamura T, Miyaji Y, Kawamura T, Ikeguchi S, Inoko M, Kurita T, Miyazaki S. Risk stratification for major adverse cardiac events and ventricular tachyarrhythmias by cardiac MRI in patients with cardiac sarcoidosis. . Open Heart 2016;3:e000437. Abstract (Pubmed)
  3. Shiba M, Kato T, Funasako M, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M. Association between psoriasis vulgaris and coronary heart disease in a hospital-based population in Japan. PLOS One 2016; 11: e0149316 Abstract (Pubmed)

2015年


  1. Kawamoto A, Kato T, Shioi T, Okuda J, Kawashima T, Tamaki Y, Niizuma S, Tanada Y, Takemura G, Narazaki M, Matsuda T, Kimura T. Measurement of technetium-99m sestamibi signals in rats administered a mitochondrial uncoupler and in a rat model of heart failure. PLoS One. 2015 Jan 16;10(1):e0117091. Abstract (Pubmed)
  2. Tanada Y, Shioi T, Kato T, Kawamoto A, Okuda J, Kimura T. Branched-chain Amino Acids Ameliorate Heart Failure with Cardiac Cachexia in Rats. Life Science 2015;137:20-7. Abstract (Pubmed)
  3. Kawamoto A, Kato T, Minamino-Muta E, Okano Y, Shioi T, Kimura T. Relationships between nutritional status and markers of congestion in patients with pulmonary arterial hypertension. Int J Cardiol. 2015;187:27–28.  Available here
  4. Kato T, Nakane E, Funasako M, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Nohara R, Inoko M. A potential linkage between mitochondrial function of the heart and leg muscles in patients with heart failure. Int J Cardiol. 2015;188:67-69. Available here

2014年

  1. Takao Kato (2014). Insights from Metabolomic Analyses of Left Ventricular Hypertrophy and Heart Failure. Left Ventricular Hypertrophy (LVH): Prevalence, Risk Factors and Treatment. Richard T. Matthews (Ed.) Nova Science Publishers, Inc. ISBN: 978-1-63463-022-1. (Chapter)

2013年

  1. Okuda J, Niizuma S, Shioi T, Kato T, Inuzuka Y, Kawashima T, Tamaki Y, Kawamoto A, Tanada Y, Iwanaga Y, Narazaki M, Matsuda T, Adachi S, Soga T, Takemura G, Kondoh H, Kita T, Kimura T. Persistent overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, modifies energy metabolism and reduces stress resistance of heart in mice. PLoS One. 2013; 12: e72173. Abstract (Pubmed)
  2. Tamaki Y, Iwanaga Y, Niizuma S, Kawashima T, Kato T, Inuzuka Y, Horie T, Morooka H, Takase T, Akahashi Y, Kobuke K, Ono K, Shioi T, Sheikh SP, Ambartsumian N, Lukanidin E, Koshimizu TA, Miyazaki S, Kimura T. Metastasis-associated protein, S100A4 mediates cardiac fibrosis potentially through the modulation of p53 in cardiac fibroblasts. J Mol Cell Cardiol. 2013; 57: 72-81. Abstract (Pubmed)

2012年

  1. Niizuma S, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Kawashima T, Tamaki Y, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe-Maeda K, Machida Y, Tsuji S, Aburatani H, Izumi T, Kita T, Kimura T, Shioi T. Effect of persistent activation of phosphoinositide 3-kinase on heart. Life Sci. 2012; 90: 619-28. Abstract (Pubmed)

  2. Kato T, Niizuma S, Inuzuka Y, Kawashima T, Okuda J, Kawamoto A, Tamaki Y, Iwanaga Y, Soga T, Kita T, Kimura T, Shioi T. Analysis of liver metabolism in a rat model of heart failure. Int J Cardiol. 2012; 161: 130-6. Abstract (Pubmed)
  3. Shioi T, Inuzuka Y. Aging as a substrate of heart failure. J Cardiol. 2012; 60: 423-8. Abstract (Pubmed)

2011年

  1. Kawashima T, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Kawamoto A, Narazaki M, Matsuda T, Adachi S, Takemura G, Kita T, Kimura T, Shioi T. Constitutive SIRT1 overexpression impairs mitochondria and reduces cardiac function in mice. J Mol Cell Cardiol. 2011; 51: 1026-36. Abstract (Pubmed)
  2. Guidelines for diagnosis and treatment of myocarditis (JCS 2009): digest version. JCS Joint Working Group. Circ J. 2011; 75: 734-43.
  3. Kawashima T, Shioi T. MicroRNA, emerging role as a biomarker of heart failure. Circ J. 2011; 75: 268-9. Available here

2010年

  1. Kato T, Niizuma S, Inuzuka Y, Kawashima T, Okuda J, Tamaki Y, Iwanaga Y, Narazaki M, Matsuda T, Soga T, Kita T, Kimura T, Shioi T. Analysis of Metabolic Remodeling in Compensated Left Ventricular Hypertrophy and Heart Failure. Circ Heart Fail. 2010; 3: 420-30. Abstract (Pubmed)
  2. Lin RC, Weeks KL, Gao XM, Williams RB, Bernardo BC, Kiriazis H, Matthews VB, Woodcock EA, Bouwman RD, Mollica JP, Speirs HJ, Dawes IW, Daly RJ, Shioi T, Izumo S, Febbraio MA, Du XJ, McMullen JR. PI3K (p110alpha) protects against myocardial infarction-induced heart failure: identification of PI3K-regulated miRNA and mRNA. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2010; 3: 724-32. Available here

2009年

  1. Inuzuka Y, Okuda J, Kawashima T, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe-Maeda K, Machida Y, Tsuji S, Aburatani H, Izumi T, Kita T, Shioi T: Suppression of phosphoinositide 3-kinase prevents cardiac aging in mice. Circulation 2009; 120: 1695-703. Abstract (Pubmed)
  2. Pretorius L, Du XJ, Woodcock EA, Kiriazis H, Lin RC, Marasco S, Medcalf RL, Ming Z, Head GA, Tan JW, Cemerlang N, Sadoshima J, Shioi T, Izumo S, Lukoshkova EV, Dart AM, Jennings GL, McMullen JR. Reduced Phosphoinositide 3-Kinase (p110-alpha) Activation Increases the Susceptibility to Atrial Fibrillation. Am J Pathol. 2009; 175: 998-1009. Abstract (Pubmed)
  3. Rigor DL, Bodyak N, Bae S, Choi JH, Zhang L, Ter-Ovanesyan D, He Z, McMullen JR, Shioi T, Izumo S, King GL, Kang PM. Phosphoinositide 3-kinase Akt signaling pathway interacts with protein kinase Cbeta2 in the regulation of physiologic developmental hypertrophy and heart function. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2009; 296: H566-72. Abstract (Pubmed)

邦文

2017年

  1. 加藤貴雄 急性心不全の治療薬はこう選ぶ、こう使う―硝酸薬、カルペリチド 月刊薬事(2017.3月) pp.69-71.

  2. 加藤貴雄 急性心不全総論 予防から救急まで・ジェネラリストなら知っておくべき循環器のクスリ 中外医学社. (2017) 

  3. 加藤貴雄 慢性心不全の病態生理と臨床像 慢性心不全―チームに貢献できる力を身に着ける― 月刊「薬局」6月号 南山堂(2017.6月)

2016年

  1. 加藤貴雄. 初期治療に必要な基本薬剤―カテコラミン. ここが知りたい-急性心不全の救急・集中治療. 佐藤幸人編. 中外医学社. (2016) pp210-219.
  2. 加藤貴雄. 息切れ・呼吸困難だけで大丈夫? エキスパートが現場で明かす心不全診療の極意. 南山堂. (2016) pp84-89.
  3. 加藤貴雄 ACE阻害薬、ARBの抗不整脈作用 心不全×不整脈 クロスさせて考えたら診断・治療のヒントが見えてくる Circulation Up-to-Date Books メディカ出版 (2016) pp184-195.

2015年

  1. 加藤貴雄. 若手医師の研究紹介. 日本心不全学会e-letter 2015年秋号.

2014年

  1. 加藤貴雄, 塩井哲雄. 心不全モデルにおける心臓と全身の代謝変容. 細胞. 2014; 46(7): 311-15.
  2. 加藤貴雄. 高尿酸血症と心不全、尿酸生成抑制薬フェブキソスタット. 細胞. 2014; 46(7): 344-348.
  3. 塩井哲雄. 2025年を見すえた心不全診療ロードマップ. 不全心を癒やすー基礎研究からの提言「心筋実質に介入する」. 内科.2014;113(3):433-6.
  4. 塩井哲雄. 栄養系:心不全の新たな病態生理軸. 細胞. 2014; 46(7): 300-302.

2013年

  1. 塩井哲雄:インスリンシグナルと老化. 医学のあゆみ 2013; 246: 187-188.

2012年

  1. 塩井哲雄. 老化と予防. エビデンスに基づく循環器病予防医学―慢性心不全を防ぐ予防戦略とは?-(和泉 徹, 監修), 南山堂2012; 76-84.
  2. 塩井哲雄:アンチエイジングから収縮不全を考える. Anti-aging Science 2012; 4: 84-7.
  3. 塩井哲雄, 棚田洋平:心不全のトランスクリプトーム. 最新医学 2012; 67: 1180-4.
2011年
  1. 塩井哲雄:心不全. 呼吸器研修医ノート 2011; 診断と治療社: 386-90
  2. 塩井哲雄:心筋の代謝調節と老化. Annual Review 2011 循環器 2011; 中外医学社: 66-72.
  3. 塩井哲雄:老化としての心不全. Cardiovascular Frontier 2011; 2: 180-4.
  4. 塩井哲雄:老化により心筋は変化するか?. Angiotensin Research 2011; 8: 131-4.
  5. 塩井哲雄:心不全における心臓および非心臓組織の代謝変容解析. 2011; 循環器病専門医
  6. 塩井哲雄, 河本章:慢性心筋炎:長い付き合いの極意は?. 2011; Heart View増刊:循環器実地診療のためのEBM講座

2010年

  1. 塩井哲雄:遺伝子改変動物(心肥大・心不全). 疾患モデルの作成と利用、循環器疾患. 北徹 ほか 編. エル・アイ・シー. 86-90. 2010

2009年

  1. 犬塚康孝, 塩井哲雄:インスリン・シグナルと心血管老化. アンチ・エイジング医学 5: 33-7; 2009.
  2. 塩井哲雄, 木村剛:心不全のForrester分類. 日本医事新報 4470: 74; 2009.

ページの先頭へ

関連学会・研究会発表(心不全に関する基礎と臨床)

2017

1. 国際学会

2. 国内学会・研究会

  • 第81回日本循環器学会学術集会, 2017年3月17-19日, 金沢.
  1. Yaku H, Kato T, Ozasa N, Inuzuka Y, Tamaki Y, Morimoto T, Yamamoto E, Yoshikawa Y, Kitai T, Taniguchi R, Iguchi M, Kato M, Takahashi M, Jinnai T, Ikeda T, Nagao K, Kawai T, Komasa A, Nishikawa R, Kawase Y, Morinaga T, Kawashima T, Motohashi Y, Kawato M, Toyofuku M, Sato Y, Kuwahara K, Shioi T, Kimura T. Contemporary Clinical Features and Outcomes in Acute Decompensated Heart Failure Syndromes in Japan (From the KCHF Registry) Late Breaking Cohort Studies
  2. Minmino E, KatoT, Morimoto T, Taniguchi T, Inoko M, Kimura T. Left Ventricular Mass Index in Patients with Severe Aortic Stenosis: A Report from CURRENT AS Registry Featured Research Session 

  3. Yanagisawa H, Kato T, Kinoshita H, Kimura T. Characteristic of diagnostic modalities and corticosteroid therapy in cardiac sarcoidosis

  4. Yanagisawa H, KatoT, Kinoshita H, Izumi T, Inoko M, Kimura T. Effect of corticosteroid therapy on long-term outcomes in patients with sarcoidosis

  • 心不全における地域連携勉強会. 2017年3月23日, 京都.
  1. 加藤貴雄. 心不全診療における5つのkey word (Keynote lecture)
  • 第3回心筋症研究会, 2017年4月22日, 岐阜.
  1. 柳澤 洋, 加藤 貴雄, 木下 秀之, 斎藤 成達, 静田 聡, 中川 靖章, 尾野 亘, 木村 剛. 心臓サルコイドーシスにおける診断と免疫抑制療法

2016

1. 国際学会

  •  ESC Congress  2016, Aug 27-Sep 1, Rome, Italy.
  1. Minamino-Muta E, Kato T, Taniguchi T, Morimoto T, Sasaki K, Funasako M, Morishima M, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Ueyama K, Inoko M, Sakata R, Kimura T, on behalf of CURRENT AS Registry investigators. Impact of the left ventricular mass index on the outcomes of conservatively managed severe aortic stenosis: A report from the CURRENT AS registry. 
  2. KatoT, Minamino-Muta E, Shioi T, Kimura T. Chronic administration of dehydroepiandrosterone sulfate does not improve survival in rats with hypertensive heart failure.

 

  • American Society of Sports Medicine 63th annual meeting, May 31-June 4, 2016, Boston, MA, US.
  1. Sato S, Kato T, Otsuki S, Tanaka S, Koshiyama H, Nohara R. Effects of the High Intensity Interval Training on Myocardial Mitochondria Function in Patients with Type 2 Diabetes. 

 

2. 国内学会・研究会

  • 20回日本心不全学会学術集会, 2016107-9, 札幌
  1. Seko Y, Kato T, Nakasone K, Kimura Y, Sekihara T, Hayashi H, Okano M, Funasako M, Sasaki K, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M.. Relationship between atrial fibrillation and left ventricular geometric patterns in a hospital-based population
  2. Yanagisawa H, Kinoshita H, Kato T, Saito N, Shizuta S, Nakagawa Y, Kuwahara K, Ono K, Kimura T. Characteristics of Diagnostic Modalities and Corticosteroid Therapy in Cardiac Sarcoidosis

  • 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年3月18-20日, 仙台.
  1. Sekihara T, Kato T, Seko Y, Kimura Y, Kobayashi K, Okano M, Funasako M, Sasaki K, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M. An Echocardiographic Finding of Right Ventricular Overload is a Predictor of an Acute Increase in Urine Output Due to Tolvaptan.
  2. 井浦玉恵, 加藤貴雄, 猪子森明, 石田誠子, 板垣晶子, 車紗織, 大西めぐみ, 尾花綾乃, 土井千賀子, 宮田明未, 永野忠義. 周産期における心機能および心臓バイオマーカーの変化.

  3. Kawamura T, Iwanaga Y, Yasuda M, Nakamura T, Kato T, Izumi T, Inuzuka Y, Ikeguchi S, Inoko M, Kurita T, Miyazaki S. Diagnostic and Prognostic Values of Serum Angiotensin-converting Enzyme Level in Cardiac Sarcoidosis.

  4. Nakagawa Y, Kuwahara K, Minamino N, Kato T, Kinoshita H, Yamada C, Inazumi H, Nakao K, Kimura T. Mir-30-GALNTs Axis-mediated Regulation in Glcosylation and Secretion of proBNP in the Failing Heart.

  • 心不全・不整脈治療セミナーin Kyoto, 2016年4月9日, 京都.
  1. 加藤貴雄. 不整脈の中の心不全、心不全の中の不整脈.

 

 

2015

1. 国際学会

  •  ESC Congress 2015. Aug 29-Sep 2, 2015, London, UK.
  1. Okano M, Kato T, Miyata A, Nagano T, Inoko M. Factors associated with increased levels of serum cardiac troponin during the peripartum period. 
  2. Okano M, Kato T, Funasako M, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M. Significance of left ventricular hypertrophy detected by electrocardiography in an era when echocardiography is widely available.
  3. Okano M, Kato T, Inoko M. Determinants of electrocardiographic parameters for the left ventricular mass index on echocardiography.
  • AHA Scientific Session 2015, Nov 7-11, 2015, Orland, Florida, USA.
  1. Yasuda M, Iwanaga Y, Kato T, Izumi T, Inuzuka Y, Nakamura T, Kawamura T, Ikeguchi S, Inoko M, Kurita T, Miyazaki S. Risk stratification for ventricular tachyarrhythmias in patients with cardiac sarcoidosis by cardiac magnetic resonance imaging.

2. 国内学会・研究会

  • 新学術領域研究「多階層生態機能学」, 2015年3月4-5日, 大阪
  1. Minamino-Muta E, Tanada Y, Kato T, Kimura T, Shioi T. A metabolic profile of fasted mice
  • CDB Symposium 2015 「Time in Development」, 2015年3月23-25日, 神戸
  1. Minamino-Muta E, Tanada Y, Kato T, Kimura T, Shioi T. A metabolic profile of fasted mice.
  • 第52回日本臨床分子医学会学術集会 2015年4月11-12日, 京都.
  1. 加藤貴雄, 河本章, 塩井哲雄, 木村剛. 生体内でのミトコンドリア機能の測定
  • 第2回日韓糖尿病フォーラム, 2015年5月22日, 下関.
  1. Sato S, Kato T. Effects of High-intensity Interval Training on Mitochondrial Function in Patients with Type 2 Diabetes.
  • 第1回HAKATA Cardiovascular Conference, 2015年5月29-30日, 福岡.
  1. Shioi T, Minamino-Muta E, Tanada Y, Kato T, Soga T, Kimura T. A metabolic profile of fasted mice.
  • 第1回心筋症研究会, 2015年7月4日, 東京.
  1. 加藤貴雄, 林秀幸, 廣瀬紗也子, 猪子森明. 重症筋無力症に関連した心機能低下~自己免疫機序による心筋症~.(シンポジウム、2次性心筋症)
  2. 加藤貴雄, 中根英策, 舩迫宴福, 宮本昌一, 和泉俊明, 春名徹也, 猪子森明. 心不全患者における心臓・骨格筋のミトコンドリア機能連関と予後
  • 第19回日本心不全学会学術集会, 2015年10月22-24日, 大阪.
  1. 加藤貴雄, 河本章, 塩井哲雄, 木村剛. うっ血性心不全における肝臓の役割~代謝の観点から~.(ワークショップ・心不全における他臓器障害)
  2. 加藤貴雄, 中根英策, 野原隆司, 猪子森明. 心不全患者における心臓リハビリテーションと心臓・骨格筋ミトコンドリア機能と予後の評価.(シンポジウム・心不全治療における非薬物非観血的療法のエビデンスと役割)
  • 第15回日本ミトコンドリア学会年会, 2015年11月19‐20日, 福井.
  1. Takao Kato, Akira Kawamoto, Tetsuo Shioi, Junji Okuda, Tsuneaki Kawashima, Yodo Tamaki, Shinichiro Niizuma, Yohei Tanada, Genzou Takemura, Michiko Narazaki, Tetsuya Matsuda, Takeshi Kimura. Measurement of technetium-99m sestamibi signals in rats administered a mitochondrial uncoupler and in a rat model of heart failure
  2. 加藤貴雄, 中根英策, 舩迫宴福, 宮本昌一, 和泉俊明, 春名徹也, 猪子森明. 心不全患者における心臓・骨格筋のミトコンドリア機能連関と予後

 

  • 第79回日本循環器学会学術集会, 2015年4月24-26日, 大阪.
  1. Okano M, Kato T, Kimura M, Funasako M, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Nohara R, Inoko M. Normal Findings of Myocardial Scintigraphy in Patients over 85 Years of Age Still Predict Good Outcomes
  2. Nakane E, Tanaka N, Kimura Y, Hayashi H, Sekihara T, Okano M, Suu K, Kimura M, Funasako M, Katoh T, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M. An Attempt of the Prevention from Hospital Readmission in Elderly Patients with Decompensated Heart Failure

  3. Nakane E, Tanaka N, Kimura Y, Hayashi H, Sekihara T, Okano M, Suu K, Kimura M, Funasako M, Katoh T, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M. Living Alone or Living Only with a Spouse is an Independent Predictor of Readmission in Elderly Patients with Heart Failure

  4. Miyamoto S, Izumi T, Nakane E, Katoh T, Funasako M, Kimura M, Su K, Okano M, Kimura Y, Sekihara T, Hayashi H, Iida J, Morishima M, Ueyama K, Haruna T, Fujita M, Inoko M. Elevated Pericardial Fluid Levels of Neuregulin-1Β are Involved in Patients with Unstable Angina

  • 第31回洛北循環器勉強会 講師, 2015年10月3日, 京都.
  1. 加藤貴雄. 心不全診療:現状と課題

ページの先頭へ

2014

1. 国際学会

  • International academy of cardiology, 19th world congress on heart disease, July 25-28, 2014, Boston, USA 
  1. Tanada Y, Shioi T, Kawamoto A, Okuda J, Kimura T. Branched-chain amino acids prevent heart failure in rats. 
  •  ESC Congress 2014. 2014.8.30-9.3. Barcelona, Spain.
  1. Kato T, Kimura M, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M. A potential linkage between mitochondrial function of the heart and leg muscle in heart failure patients. 
  2. Hirose S, Kato T, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M. Features of electrocardiogram and echocardiography in patients with cardiac involvement of myasthenia gravis.
  • Heart Failure 2014. 2014.5.17-21. Athena, Greece.
  1. Kimura T, Kato T, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M. Mitochondrial structural abnormalities are common features in the myocardium of patients with various types of cardiomyopathy
  • American Diabetes Association 74th Scientific Sessions (2014). June 13 - 17, 2014, San Francisco, California.
  1. Sato S, Kato T, Otsuki S, Tanaka S, Koshiyama H, Nohara R. Use of the anaerobic threshold to detect mitochondrial dysfunction in patients with type 2 diabetes mellitus.
  • AHA Scientific Session 2014, Nov 15-19, 2014, Chicago, IL, USA.
  1. Minamino E, Kato T, Inoko M. Outcomes of medical treatment for aortic stenosis in Japan.

2. 国内学会

  • 第18回日本心不全学会学術集会 2014.10.10-12. 大阪.
  1. 加藤貴雄, 塩井哲雄, 河本章, 木村剛. Mitochondrial function as a potential mediator of substrate switching in the heart.
  2. 河本章, 加藤貴雄, 塩井哲雄, 木村剛. Relationships between nutritional status and markers of congestion in patients with pulmonary arterial hypertension.
  • 第78回日本循環器学会学術集会 2014.3.21-23. 東京.
  1. Shioi T. Regulation of cardiac aging.
  2. Kato T, Niizuma S, Inoko M, Shioi T, Kimura T. Cardiac Cachexia Accompanied with Abnormal Liver Metabolism and Pro-Inflammatory Responses in a Rat Model of Heart Failure
  3. Tanada Y, Shioi T, Kawamoto A, Okuda J, Kimura T. Branched-chain amino acids prevent heart failure in rats.
  4. Kato T, Fukui S, Kimura M, Okano M, Suu K, Morita Y, Minamino E, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M. Mitochondrial Structural Abnormalities are Common Features in the Myocardium of Patients with Various Types of Cardiomyopathy 
  • 第57回日本糖尿病学会年次学術集会 2014.5.22-24. 大阪.
  1. 佐藤真治、加藤貴雄、中山法子、山田修、本庶祥子、浜本芳之、大槻伸吾、田中史朗、越山裕行. 2型糖尿病患者のミトコンドリア機能は無酸素性作業閾値(AT)と関連する.
  • 第9回(平成26年度第1回)領域全体会議・研究報告会, 2014年8月4日―6日, 秋田.
  1. 塩井哲雄. 心臓エネルギー代謝の頑健性とその破綻のメカニズムの統合的解明.
  • 新学術領域「統合的多階層生体機能学領域の確立とその応用」 厚生労働省難治性疾患克服研究事業: 特発性心筋症に関する調査研究平成25年度第2回研究報告会, 2014年3月10日, 大阪.
  1. 塩井哲雄, 棚田洋平, 木村剛. 心不全モデルの代謝プロファイル.
  • 新学術領域「統合的多階層生体機能学領域の確立とその応用」第8回(平成25年度第2回)領域全体会議・研究報告会, 2014年3月3日―5日, 京都.
  1. 塩井哲雄. 心臓エネルギー代謝の頑健性とその破綻のメカニズムの統合的解明.
ページの先頭へ

2013

1. 国際学会

  • Gordon Reseach Conferences, Biology of Aging, August 11-16, 2013, Lucca, Italy.
  1. Tanada Y, Shioi T, Kawamoto A, Okuda J, Kimura T. Branched–chain amino acids prevent heart failure in rats.
  • 7th Cachexia Conference 2013.12.9-11, Kobe.
  1. Kato T, Shioi T. Abnormal liver metabolism and pro-inflammatory responses are modulators of cardiac cachexia in a rat model of heart failure.
  2. Tanada Y, Shioi T, Kawamoto A, Okuda J, Kimura T. Branched-chain amino acids prevent cardiac cachexia in rats.

2. 国内学会

  • 第77回日本循環器学会学術集会 2013.3.15-17. 横浜.
  1. Kato T, Kawamoto A, Shioi T, Kimura T, Nohara R. Cardiac mitochondrial function as a potential mediator of metabolic remodeling in the failing Heart.
  2. Nagakura D, Kato T, Tanaka N, Kimura M, Morita Y, Suu K, Minamino E, Hirose S, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko M, Nagasawa Y, Nohara R. Technetium-99m Sestamibi washout, an indicator of mitochondrial function, correlates with BNP levels in heart and oxygen consumption in leg.
  • 第54回兵庫県核医学研究会 2012.6.2. 神戸.
  1. 加藤貴雄. 心筋リモデリングと代謝イメージング.
  • 第14回京都糖尿病動脈硬化研究会 2013.6.29. 京都.
  1. 加藤貴雄. 心不全における心筋代謝と悪液質.
  • 第36回心筋代謝研究会, 2013年7月13日-14日, 東京
  1. Okuda J, Niizuma S, Shioi T, Kato T, Inuzuka Y, Kawashima T, Tamaki Y, Kawamoto A, Tanada Y, Iwanaga Y, Narazaki M, Matsuda T, Adachi S, Soga T, Takemura G, Kondoh H, Kita T, Kimura T. Persistent overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, modifies energy metabolism and exacerbates stress resistance of heart in mice. 
  • 第2回多階層生体機能学シンポジウム, 2013年6月29日, 東京
  1. Okuda J, Niizuma S, Kato T, Inuzuka Y, Kawashima T, Tamaki Y, Kawamoto A, Tanada Y, Iwanaga Y, Narazaki M, Matsuda T, Adachi S, Soga T, Takemura G, Kondoh H, Kita T, Kimura T, Shioi T. Effect of Persistent Overexpression of Phosphoglycerate Mutase, a Glycolytic Enzyme, on Energy Metabolism and Stress Resistance of Heart in Mice.
  • 第19回日本心臓リハビリテーション学会 2013.7.13-14. 仙台.
  1. 加藤貴雄, 長倉大基, 出口広介, 上坂健太, 作井大介, 神谷訓康, 田中希, 中根英策, 和泉俊明, 宮本昌一, 春名徹也, 猪子森明, 野原隆司. ミトコンドリア機能の指標のテクネシウムMIBI洗い出し率は心不全患者のBNP値と最大酸素消費量と相関する.
  • 第17回日本心不全学会学術集会 2013.11.28-30. 埼玉.
  1. 加藤貴雄, 塩井哲雄, 木村剛. Abnormal liver metabolism and pro-inflammatory responses are modulators of cardiac cachexia in a rat model of heart failure.
  2. 加藤貴雄, 長倉大基, 中根英策, 宮本昌一, 和泉俊明, 春名徹也, 野原隆司, 猪子森明. Tc-99m MIBI washout correlates with BNP levels in heart and peak oxygen consumption in legs of heart failure patients.
  3. 加藤貴雄, 熊谷尚吾, 岡野光真, 鄒佳苗, 南野恵理, 中根英策, 宮本昌一, 和泉俊明, 春名徹也, 猪子森明. Two cases of myasthenia gravis-related cardiomyopathy: A rare, life-threatening, but treatable cardiomyopathy.
  • 第1回ミトコンドリア機能研究会 2013.1.9. 大阪.
  1. 加藤貴雄, 福井聡, 鄒佳苗, 木村昌弘, 森田雄介, 廣瀬紗也子, 南野恵理, 中根英策, 宮本昌一, 和泉俊明, 春名徹也, 猪子森明, 野原隆司. 不全心筋の微細構造の観察
     
ページの先頭へ

2012年

1.国際学会

  •  The 84th Scientific Sessions of American Heart Association, November 3-6, 2012, Los Angeles, USA
  1. Kato T, Shioi T, Kawamoto A, Kimura T, Nagakura D, Nakane E, Miyamoto S, Izumi T, Haruna T, Inoko T, Nohara R. Tc-99m Sestamibi washout is a useful method to assess cardiac mitochondrial function and the increased risk of a failing heart: a translational approach to understand the metabolic state of the heart.
  • The 29th Annual Meeting: Japanese Section of the International Society for Heart Research, October 26-27, 2012, Tokyo, Japan
  1. Kawamoto A, Kato T, Shioi T, Kawashima T, Tamaki Y, Niizuma S, Okuda J, Tanada Y, Narazaki M, Matsuda T, Kimura T. Analysis of technetium-99m sestamibi washout in a rat model of heart failure and ras administered mitochondrial uncoupler.
  • European Society of Cardiology Congress 2012. August 25-29, 2012, Munich, Germany
  1. Kato T, Shioi T, Niizuma S, Kawashima T, Okuda J, Kawamoto A, Soga T, Kimura T. Abnormal liver metabolism and pro-inflammatory responses as modulators of cardiac cachexia in a rat model of heart failure.
  2. Kato T, Shioi T, Kawashima T, Kawamoto T, Kimura T. Mitochondrial function as a potential mediator of metabolic remodeling in the heart.

2.国内学会

  • 第77回日本循環器学会会学術集会, 2013年3月15日-17日, 東京
  1. Okuda J, Niizuma S, Shioi T, Inuzuka Y, Kato T, Tamaki Y, Kawashima T, Kawamoto A, Tanada Y, Matsuda T, Narazaki M, Adachi S, Soga T, Takemura G, Kondoh H, Kimura T. Constitutive overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, purturbs cardiac energy metabolism and function in mice.
  • 厚生労働省難治性疾患克服研究事業: 特発性心筋症に関する調査研究平成24年度第2回研究報告会, 2013年2月18日, 東京
  1. 塩井哲雄, 河本 章, 加藤貴雄 木村剛. 肥大心におけるテクネシウムセスタミビの保持についての検討
  • 第16回日本心不全学会学術集会, 2012年11月30日-12月2日, 仙台
  1.  河本章, 加藤貴雄, 塩井哲雄, 革嶋恒明, 田巻庸道, 新妻晋一郎, 奥田淳司, 棚田洋平, 楢崎美智子, 松田哲也, 木村剛. 心不全モデルラットならびに脱共役剤を投与したラットにおける99mテクネチウムセスタミビの保持と洗い出し.
  • 厚生労働省難治性疾患克服研究事業: 特発性心筋症に関する調査研究平成23年度第1回研究報告会, 2012年10月18日, 大阪
  1. 奥田淳司, 塩井哲雄, 木村剛. 解糖系酵素ホスホグリセリン酸ムターゼの強発現が心臓の代謝プロファイルに与える影響.
  • 第19回関西不全心研究会, 2012年10月6日, 大阪
  1. 河本章, 加藤貴雄, 塩井哲雄, 革嶋恒明, 田巻庸道, 新妻晋一郎, 奥田淳司, 棚田洋平,木村剛. 心不全モデルラットならびにミトコンドリア脱共役剤を投与したラットにおいて99mテクネチウムセスタミビの洗い出し率は亢進した.
  • 第23回21世紀心臓核医学カンファレンス 2012.9.21. 大阪.
  1. 加藤貴雄. 心不全における心筋代謝とイメージング.
  • 第3回Molecular Cardiovascular Conference II, 2012年9月7日-9日, 小樽
  1. 塩井哲雄. 心臓と全身の飢餓応答としての心不全.(シンポジウム)
  2. 河本章, 加藤貴雄, 塩井哲雄, 革嶋恒明, 田巻庸道, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 奥田淳司, 棚田洋平, 木村剛. 心不全モデルラットならびにミトコンドリア脱共役剤を投与したラットにおいて99mTc-MIBI洗い出し率は亢進していた.
  • 第35回心筋代謝研究会, 2012年7月7日‐8日, 東京
  1. Kawamoto A, Kato T, Shioi T, Kawashima T, Tamaki Y, Niizuma S, Okuda J, Tanada Y, Narazaki M, Matsuda T, Kimura T. Analysis of technetium-99m sestamibi retention in a rat model of heart failure and rats administered a mitochondrial uncoupler.
  • 川口医師会学術講演会, 2012年6月13日, 川口(埼玉県)
  1. 塩井哲雄. 心臓の老化は予防できるか? (特別講演)
  • 第11回京滋ハートセミナー, 2012年5月24日, 京都
  1. 奥田淳司, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 加藤貴雄, 革嶋恒明, 田巻庸道, 河本章, 棚田洋平, 近藤祥司, 楢崎美智子, 松田哲也, 足立壮一, 竹村元三, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄. 解糖系酵素ホスホグリセリン酸ムターゼの心臓における役割.
  • 第42回武庫川Clinical & Research Conference, 2012年5月23日, 武庫川(兵庫県)
  1. 塩井哲雄. 心臓リモデリングの病態解明にむけて.(特別講演)
  • 第49回日本臨床分子医学会学術集会, 2012年4月13日-14日, 京都
  1. 塩井哲雄. 加齢関連疾患としての心不全.(招待講演)
  2. 河本章, 塩井哲雄, 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 革嶋恒明, 奥田淳司, 棚田洋平, 田巻庸道, 木村剛. Technetium-99m sestamibiの生体の心臓におけるミトコンドリア機能評価における有用性の検討.
  3. 奥田淳司, 新妻晋一郎, 加藤貴雄, 犬塚康孝, 革嶋恒明, 田巻庸道, 楢崎美智子, 松田哲也, 木村剛, 塩井哲雄. 心臓特異的ホスホグリセリン酸ムターゼ過剰発現はマウスにおいて炎症促進性反応を誘導し、心機能低下を来した.
  • 第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月13日-15日, 京都
  1. 加藤貴雄, 塩井哲雄, 木村剛, 中根英策, 宮本昌一, 和泉俊明, 春名徹也, 猪子森明, 野原隆司. Tc-99m sestamibi (MIBI) 洗い出し率は生体内での心臓ミトコンドリア機能の非侵襲的評価に有用である.
ページの先頭へ

2011年

1.国際学会

  • The 28th Annual Meeting: Japanese Section of the International Society for Heart Research December 2-3, 2011, Tokyo, Japan
  1. Shioi T. Analysis of cardiac and systemic metabolic remodeling in heart failure.
  2. Okuda J, Niizuma S, Inuzuka Y, Kato T, Kawashima T, Tamaki Y, Kawamoto A, Tanada Y, Narazaki M, Matsuda T, Kondoh H, Kita T, Kimura T, Shioi T. Cardiac-specific overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, induces pro-inflammatory response and cardiac dysfunction in mice.
  • The 83th Scientific Sessions of American Heart Association, November 12-16, 2011, Orland, USA
  1. Kato T, Shioi T, Niizuma S, Kawashima T, Okuda J, Kawamoto A, Tamaki Y, Iwanaga Y, Soga T, Kita T, Kimura T. Cardiac cachexia is associated with abnormal liver metabolism and pro-inflammatory responses in a rat model of heart failure
  2. Kawamoto A, Shioi T, Kato T, Niizuma S, Kawashima T, Okuda J, Tanada Y, Tamaki Y, Kimura T. Tc-99m sestamibi is a useful noninvasive method to assess cardiac mitochondrial function in vivo.
  • Ninth Annual Scientific Sessions, Society for Heart and Vascular Metabolism. June 18-21, 2011, Brussels.
  1. Shioi T. Role of phosphoinositide 3-kinase in cardiac aging 

2.国内学会

  • 第76回日本循環器学会会学術集会, 2012年3月16日-18日, 福岡
  1. Shioi T. Context dependent role of insulin signaling –a matter of heart-
  2. Tamaki Y, Iwanaga Y, Okuda J, Niizuma S, Kawashima T, Kato T, Inuzuka Y, Shioi T, Ono K, Koshimizu T, Miyazaki S, Kita T, Kimura T. Activation of p53 in fibroblasts surppresses cardiac fibrosis
  3. Kawamoto A, Shioi T, Kato T, Kawashima T, Tamaki Y, Niizuma S, Okuda J, Tanada Y, Kimura T, Tc-99m sestamibi is a useful noninvasive method to assess cardiac mitochondrial function in vivo heart
  • 厚生労働省難治性疾患克服研究事業: 特発性心筋症に関する調査研究平成23年度第2回研究報告会, 2012年3月1日, 東京
  1. 棚田洋平, 塩井哲雄, 木村剛. ダールラット心不全モデルにおける分鎖枝アミノ酸の効果
  • 厚生労働省難治性疾患克服研究事業: 特発性心筋症に関する調査研究平成23年度第1回研究報告会, 2011年11月10日, 大阪
  1. 塩井哲雄, 加藤貴雄, 木村剛. 心不全における非心臓組織の代謝変容解析
  • 第18回関西不全心研究会, 2011年10月22日, 大阪
  1. 奥田淳司, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 加藤貴雄, 革嶋恒明, 田巻庸道, 河本章, 棚田洋平, 近藤祥司, 楢崎美智子, 松田哲也, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄. 解糖系酵素ホスホグリセリン酸ムターゼの過剰発現は炎症促進性反応を惹起し、心機能障害をもたらす.
  •  第15回日本心不全学会学術集会, 2011年10月13日-15日, 鹿児島
  1. 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 革嶋恒明, 奥田淳司, 河本章, 田巻庸道, 岩永善高,曽我朋義, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:心不全における悪液質は炎症と肝臓の代謝異常に関連する
  2. 奥田淳司, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 加藤貴雄, 革嶋恒明, 田巻庸道, 河本章, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:解糖系酵素であるホスホグリセリン酸ムターゼは炎症性反応を促進し、心機能障害をもたらす
  • 第75回日本循環器学会会学術集会, 2011年8月3日-4日, 横浜
  1. Shioi T, Kato T. Cardiac and systemic metabolic remodeling as a therapeutic target of heart failure.
  2. Kawashima T, Inuzuka Y, Okuda J, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Kawamoto A, Kita T, Kimura T, Shioi T. Constitutive SIRT1 overexpression causes metabolic remodeling of heart.
  3. Niizuma S, Inuzuka Y, Okuda J, Kawashima T, Kato T, Tamaki Y, Kawamoto A, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe Kayo, Machida Y, Tsuji S, Aburatani H, Izumi T, Kita T, Kimura T, Shioi T. Effect of constitutive activation of phosphoinositide 3-kinase on age-related changes of heart.
  4. Kawashima T, Shioi T, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T. SIRT1 causes metabolic remodeling of heart.
  5. Okuda J, Niizuma S, Kato T, Inuzuka Y, Kawashima T, Tamaki Y, Kita T, Kimura T, Shioi T. Overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, induces pro-inflammatory response and impairs cardiac function.
  6. Kato T, Kawamoto A, Okuda J, Niizuma S, Kawashima T, Tamaki Y, Kimura T, Shioi T. Verification of Tc-99m sestamibi washout as a noninvasive method to assess cardiac mitochondrial function in vivo.
  • The 12th US-Japan-Asia Dialogue on Cardiovascular Diseases, 2011年7月31日, 東京
  1. Kato T, Kawamoto A, Okuda J, Niizuma S, Kawashima T, Tamaki Y, Kimura T, Shioi T. Verification of Tc-99m sestamibi washout as a noninvasive method to assess cardiac mitochondrial function in vivo.
  • 第34回心筋代謝研究会、2011年7月2日-3日、東京
  1. 奥田淳司, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 加藤貴雄, 革嶋恒明, 田巻庸道, 河本 章, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:Overexpression of phosphoglycerate mutase induces pro-inflammatory response and cardiac dysfunction in mice.
  2. 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 革嶋恒明, 奥田淳司, 河本 章, 田巻庸道, 岩永善高, 曽我朋義, 竹村元三, 北 徹, 木村 剛, 塩井哲雄:Analysis of liver metabolism in a rat model of heart failure.
  • 第21回日本心臓核医学会総会・学術大会、2011年6月24日-25日、福岡
  1. 加藤貴雄、犬塚康孝、岩永善高、松田哲也、曽我朋義、北徹、木村剛、塩井哲雄:代償性左室肥大と心不全における代謝リモデリングの解析.
  2. 加藤貴雄、河本章、奥田淳司、新妻晋一郎、革嶋恒明、田巻庸道、木村剛、塩井哲雄:Tc-99m sestamibiの洗い出し率は生体内での心臓ミトコンドリア機能を反映する.
  • 第15回日本適応医学会、2011年6月24日-25日、浜松
  1. 塩井哲雄:心臓老化におけるインスリン・シグナルの役割
  • 第21回日本心臓核医学会総会・学術大会、2011年6月24日-25日、福岡
  1. 加藤貴雄、犬塚康孝、岩永善高、松田哲也、曽我朋義、北徹、木村剛、塩井哲雄:代償性左室肥大と心不全における代謝リモデリングの解析.
  2. 加藤貴雄、河本章、奥田淳司、新妻晋一郎、革嶋恒明、田巻庸道、木村剛、塩井哲雄:Tc-99m sestamibiの洗い出し率は生体内での心臓ミトコンドリア機能を反映する.
  • 第34回心筋代謝研究会、2011年7月2日-3日、東京
  1. 奥田淳司, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 加藤貴雄, 革嶋恒明, 田巻庸道, 河本 章, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:Overexpression of phosphoglycerate mutase induces pro-inflammatory response and cardiac dysfunction in mice.
  2. 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 革嶋恒明, 奥田淳司, 河本 章, 田巻庸道, 岩永善高, 曽我朋義, 竹村元三, 北 徹, 木村 剛, 塩井哲雄:Analysis of liver metabolism in a rat model of heart failure.
  • The 12th US-Japan-Asia Dialogue on Cardiovascular Diseases, 2011年7月31日, 東京
  1. Kato T, Kawamoto A, Okuda J, Niizuma S, Kawashima T, Tamaki Y, Kimura T, Shioi T. Verification of Tc-99m sestamibi washout as a noninvasive method to assess cardiac mitochondrial function in vivo.
  • 第75回日本循環器学会会学術集会, 2010年8月3日-4日, 横浜
  1. Shioi T, Kato T. Cardiac and systemic metabolic remodeling as a therapeutic target of heart failure.
  2. Kawashima T, Inuzuka Y, Okuda J, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Kawamoto A, Kita T, Kimura T, Shioi T. Constitutive SIRT1 overexpression causes metabolic remodeling of heart.
  3. Niizuma S, Inuzuka Y, Okuda J, Kawashima T, Kato T, Tamaki Y, Kawamoto A, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe Kayo, Machida Y, Tsuji S, Aburatani H, Izumi T, Kita T, Kimura T, Shioi T. Effect of constitutive activation of phosphoinositide 3-kinase on age-related changes of heart.
  4. Kawashima T, Shioi T, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T. SIRT1 causes metabolic remodeling of heart.
  5. Okuda J, Niizuma S, Kato T, Inuzuka Y, Kawashima T, Tamaki Y, Kita T, Kimura T, Shioi T. Overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, induces pro-inflammatory response and impairs cardiac function.
  6. Kato T, Kawamoto A, Okuda J, Niizuma S, Kawashima T, Tamaki Y, Kimura T, Shioi T. Verification of Tc-99m sestamibi washout as a noninvasive method to assess cardiac mitochondrial function in vivo. 
ページの先頭へ

2010年

 

1.国際学会

  • The 82th Scientific Sessions of American Heart Association, November 13-17, 2010, Chicago, USA
  1. Kawashima T, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Narazaki M, Matsuda T, Adachi S, Takemura G, Kita T, Kimura T, Shioi T. Constitutive SIRT1 overexpression impairs mitochondrial function in mice.
  2. Niizuma S, Inuzuka Y, Okuda J, Kawashima T, Kato T, Tamaki Y, Kawamoto A, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe-maeda K, Machida Y, Tsuji S, Aburatani H, Izumi T, Kita T, Kimura T, Shioi T. A constitutive activation of phosphoinositide 3-kinase modifies cardiac aging in mice.
  3. Okuda J, Niizuma S, Kato T, Inuzuka Y, Kawashima T, Tamaki Y, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T, Shioi T. Overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, induces proinflammatory response and impairs cardiac function.
  4. Tamaki Y, Iwanaga Y, Okuda J, Niizuma S, Kawashima T, Kato T, Inuzuka Y, Shioi T, Ono K, Koshimizu T, Miyazaki S, Kita T, Kimura T. Metastasis-associated protein S100A4 contributes to cardiac fibrosis through the modulation of PTEN.
  • XX World Congress ISHR 2010 Kyoto, May 13-16, 2010, Kyoto, Japan
  1. Kawashima T, Shioi T, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Narazaki M, Matsuda T, Kita T, Kimura T. SIRT1 overexpression caused metabolic remodeling of heart.
  • The International Symposium on Aging and Anti-aging, from Molecular Biology to Nutritional Science. September 24, 2010, Tokyo.
  1. Shioi T. Analysis of aging at organ level, heart as a model system.

2.国内学会

  • 第22回北九州心血管機能研究会, 2010年2月10日, 小倉
  1. 塩井哲雄:心不全治療標的としての心臓リモデリング
  • 第74回日本循環器学会会学術集会, 2010年3月5日-7日, 京都
  1. Shioi T. A comprehensive analysis of metabolic remodeling in heart failure.
  2. Kawashima T, Shioi T, Inuzuka Y, Okuda J, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T. SIRT1 causes metabolic remodeling of heart.
  3. Kato T, Shioi T, Niizuma S, Inuzuka Y, Kawashima T, Okuda J, Tamakai Y, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T. Analysis of metabolic remodeling in compensated left ventricular hypertrophy and heart failure.
  4. Tamaki Y, Iwanaga Y, Okuda J, Niizuma S, Kawashima T, Kato T, Inuzuka Y, Shioi T, Miyazaki S, Kita T, Kimura T. Cardiac-specific overexpression of calcium-binding protein S100A4 ameliorates pressure overload-induced heart failure.
  5. Inuzuka Y, Shioi T, Okuda J, Kawashima T, Kato T, Niizuma S, Tamakai Y, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe-maeda K, Machida Y, Izumi T, Kita T, Kimura T. Suppression of phosphoinositide 3-kinase prevents cardiac aging in mice.
  6. Kato T, Shioi T, Niizuma S, Inuzuka Y, Kawashima T, Tamaki Y, Okuda J, Iwanaga Y, Kita T, Kimura T. Metabolome analysis of the liver from rats with hypertension and heart failure.
  • Meet the specialist: 心不全のNSTを考えよう!2010年4月23日, 京都
  1. 塩井哲雄:心不全治療における最新の話題
  • 第33回心筋代謝研究会, 2010年7月3日―4日, 東京
  1. 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 奥田淳司, 革嶋恒明, 加藤貴雄, 田巻庸道, 岩永善高, 吉田友紀, 小杉理恵, 渡邉佳代, 町田陽二, 辻信吾, 油谷浩之, 和泉徹, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:A constitutive activation phosphoinositide 3-kinase modifies cardiac aging in mice.
  • 第1回Molecular Cardiovascular Conference II, 2010年9月3日-5日, 小樽
  1. 塩井哲雄, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 奥田淳司, 革嶋恒明, 加藤貴雄, 田巻庸道, 岩永善高, 吉田友紀, 小杉理恵, 渡邉佳代, 町田陽二, 辻信吾, 油谷浩之, 和泉徹, 北徹, 木村剛:A constitutive activation phosphoinositide 3-kinase modifies cardiac aging in mice.
  2. 奥田淳司, 塩井哲雄, 新妻晋一郎, 加藤貴雄, 犬塚康孝, 革嶋恒明, 田巻庸道, 岩永善高, 北徹, 木村剛. Overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, induces proinflammatory response and impairs cardiac function.
  • 彦根循環器カンファレンス, 2010年9月11日, 彦根
  1. 塩井哲雄:心不全診療のトピックス ―予防・診断・治療―
  • 小浜医師会学術講演会, 2010年9月13日, 小浜
  1. 塩井哲雄:高血圧治療における心拍数管理の意義 ―心拍数は寿命を規定する?-
  • 第14回日本心不全学会学術集会 2010年10月7日―9日、東京
  1. 塩井哲雄:心臓老化におけるPI3キナーゼの役割.
  2. 革嶋恒明, 犬塚康孝, 奥田淳司, 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 田巻庸道, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:SIRT1 overexpression modifies cardiac energy metabolism.
  • 第17回関西不全心研究会 2010年10月16日, 大阪
  1. 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 革嶋恒明, 奥田淳司, 加藤貴雄, 河本章, 田巻庸道, 岩永善高, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:恒常的PI3キナーゼ活性は心臓老化関連変化を修飾した.
  • 第53回仙台心臓血管研究会, 2010年10月27日, 仙台
  1. 塩井哲雄:Metabolic basis of cardiac aging and failure.
  • 厚生労働省難治性疾患克服研究事業:特発性心筋症に関する調査研究、2010年度第1回研究報告会, 2010年10月28日, 東京
  1. 塩井哲雄, 加藤貴雄, 木村剛:心不全の進行に伴う心臓エネルギー代謝変化の包括的解析
ページの先頭へ

2009年

 

1.国際学会

  • The 17th Asian Pacific Congress of Cardiology, May 20- 23, 2009, Kyoto, Japan
  1. Kato T, Inuzuka Y, Tamaki Y, Kawashima T, Niizuma S, Okuda J, Iwanaga Y, Kita T, Narazaki M, Matsuda T, Soga T, Shioi T. Metabolic remodeling characterizes transition from cardiac hypertrophy to failure.
  2. Inuzuka Y, Okuda J, Kawashima T, Kato T, Niizuma S, Tamaki Y, Iwanaga Y, Yoshida Y, Kosugi R, Watanabe-Maeda K, Machida Y, Tsuji S, Aburatani H, Izumi T, Kita T, Shioi T: Suppression of insulin signaling improves protein homeostasis and prevents cardiac aging in mice.
  • The 81th Scientific Sessions of American Heart Association, November 14-18, 2009, Orland, USA
  1. Kato T, Niizuma S, Inuzuka Y, Kawashima T, Okuda J, Tamaki Y, Iwanaga Y, Narazaki M, Matsuda T, Soga T, Kimura T, Kita T, Shioi T. Analysis of Metabolic Remodeling in the Transition From Cardiac Hypertrophy to Failure.

2.国内学会

  • 第32回心筋代謝研究会, 2009年7月4日-5日, 大阪
  1. 加藤貴雄, 北徹, 塩井哲雄:Analysis of metabolic remodeling of the transition from cardiac hypertrophy to failure.
  2. 革嶋恒明, 犬塚康孝, 奥田淳司, 加藤貴雄, 田巻庸道, 新妻晋一郎, 岩永善高, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:SIRT1 Overexpression Modulates Cardiac Metabolic Genes Expression and Induces Dilated Cardiomyopathy.
  • 第19回日本心臓核医学会学術集会, 2009年6月26日-27日, 東京
  1. 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 田巻庸道, 革嶋恒明, 奥田淳司, 岩永善高, 北徹, 楢崎美智子, 松田哲也, 曽我朋義, 塩井哲雄:心肥大から心不全への移行における心筋エネルギー代謝調節の意義の検討.
  • 第13回Molecular Cardiovascular Conference, 2009年9月4日-6日, 小樽
  1. 革嶋恒明, 犬塚康孝, 奥田淳司, 新妻晋一郎, 加藤貴雄, 田巻庸道, 岩永善高, 楢崎美智子, 松田哲也, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:SIRT1 Causes Metabolic Remodeling of Heart and Induces Dilated Cardiomyopathy in Mice.
  2. 新妻晋一郎, 加藤貴雄, 革嶋恒明, 奥田淳司, 犬塚康孝, 田巻庸道, 岩永善高, 北徹, 木村剛, 近藤祥司, 塩井哲雄:Overexpression of phosphoglycerate mutase, a glycolytic enzyme, impairs cardiac functional reserve and stress resistance to pressure overload.
  3. 塩井哲雄, 犬塚康孝, 奥田淳司, 革嶋恒明, 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 田巻庸道, 岩永善高,吉田友紀, 小杉理恵, 渡邉佳代, 町田陽二, 和泉徹, 辻信吾, 油谷浩之, 北徹, 木村剛:Impaired protein homeostasis characterizes cardiac aging in mice.
  4. 塩井哲雄, 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 犬塚康孝, 革嶋恒明, 奥田淳司, 田巻庸道, 岩永善高, 楢崎美智子, 松田哲也, 曽我朋義, 北徹, 木村剛:Metabolic remodeling in the transition from cardiac hypertrophy to heart failure
  • 第16回関西不全心研究会、2009年10月16日、大阪
  1. 革嶋恒明, 犬塚康孝, 奥田淳司, 加藤貴雄, 新妻晋一郎, 田巻庸道, 岩永善高, 北徹, 木村剛, 塩井哲雄:長寿遺伝子SIRT1は心臓の代謝リモデリングを誘導する
  • 第1回慶應先端生命研CE-MSメタボロミクス研究会、2009年10月16日、鶴岡
  1. 塩井哲雄:心不全における代謝リモデリングの包括的解析
  • 第31回心筋生検研究会、平成21年11月27日-28日、大阪
  1. 奥田淳司、塩井哲雄、犬塚康孝、加藤貴雄、革嶋恒明、新妻晋一郎、田巻庸道、岩永善高、吉田由紀、和泉徹、北徹、木村剛:老化心及び不全心におけるタンパク質品質管理の役割
  • 第24回北陸心血管代謝研究会 平成21年2月7日、金沢
  1. 塩井哲雄:治療標的としての心臓リモデリング
  • Cardio-Renal Metabolism and Senescence 2009 平成21年9月12日、東京
  1. 塩井哲雄:心臓老化の分子メカニズムについて
ページの先頭へ

メンバー募集

現在、心不全研究グループでは、スタッフ(医員、大学院生)を募集中です。
臨床で感じた疑問を分子レベルで解決してみませんか。心不全の臨床に興味がある方もぜひお声掛けください。

ご興味のある方は、京都大学医学部附属病院循環器内科 加藤 貴雄までご連絡ください。

加藤貴雄.jpg

(☆の部分を@に変えてください。e-mailの場合、タイトルは、「心不全研究グループ スタッフ募集について」と記載してください。尚、京都大学医学部附属病院のサーバーシステムの事情により、メール受信がブロックされる場合があります。)

Takao Kato, M.D., Ph.D.

Assistant Professor

Department of Cardiovascular Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine


ページの先頭へ