HOME > 基礎研究グループの活動 > iPS細胞研究所 吉田グループ

iPS細胞研究所 吉田グループ

当研究室の概要

ヒトやマウスの胚から樹立されたES細胞は、さまざまな細胞に分化することのできる分化多能性を維持しつつ増殖することが可能です。体細胞にリプログラミング因子 (c-Myc,Oct3/4,SOX2,Klf4)を導入することにより、ES細胞のような分化多能性を持つiPS細胞を誘導することが可能であることが明らかになりました。iPS細胞は現在、再生医療などへの応用が期待されています。 私たちはES/iPS細胞由来の心筋細胞および血液細胞を用いた臨床応用(再生医療、創薬、疾患研究)を目標として、現在は下記のテーマに取り組んでいます。

 

Fig-1.png

 

所属者

  • 吉田 善紀(講師)
  • 蝶名林 和久(研究員)
  • 三木 健嗣(研究員)
  • 横田 日高(研究員)
  • 西澤 正俊(大学院生)
  • 高木 正(大学院生)
  • 舟越 俊介(大学院生)
  • 大久保 周子(大学院生)
  • 西川 美里(テクニカルスタッフ)
  • 竹井 郁恵(テクニカルスタッフ)
  • 森岡 洋子(テクニカルスタッフ)

研究内容

臨床研究について

①効率よい心筋分化誘導法、成熟制御法の開発

ES/iPS細胞より分化誘導した心筋細胞は成熟度など多くの点で成人心臓組織の心筋細胞とは異なります。再生医療や薬剤開発、疾患研究に応用できるヒト心臓組織により近い成熟した心筋を効率よく誘導するための研究をおこなっています。

 

Fig-2.png

 

②疾患特異的iPS細胞研究

主に心筋症などの心疾患患者の細胞から樹立したiPS細胞を用いて、疾患のメカニズム解析や治療薬の開発を目指します。iPS細胞から分化誘導した心筋細胞を用いてin vitroでの病態再現、疾患メカニズムの解析、治療薬の探索などを行う研究です。

 

Fig-3.png

③ES/iPS細胞株の分化能を規定しているメカニズムの解明

iPS細胞はこれまでさまざまな種類の体細胞から、さまざまな方法で樹立されています。しかしこれらのiPS細胞やES細胞は細胞株によってその性質が異なると考えられます。ES/iPS細胞は分化誘導時に特定の細胞への分化しやすさ(分化指向性)は細胞株ごとに異なります。 心筋細胞、血液細胞などの中胚葉系の細胞への分化誘導におけるES/iPS細胞のふるまいを細胞株間で比較解析することにより、ES/iPS細胞のふるまいを規定しているメカニズムの解明、多能性維持・分化のメカニズムの解明、さらにそれらの知見を用いて再生医療などの臨床応用に最適なiPS細胞株の樹立法、分化誘導法の開発を目指します。

 

Fig-4.png

 

 

ページの先頭へ

発表論文

  1. Miki K, Yoshida Y*, Yamanaka S Making Steady Progress on Direct Cardiac Reprogramming Toward Clinical Application Circ Res, 2013 Jun 21;113(1):13-5. * Corresponding author
  2. Kamakura T, Makiyama T*, Sasaki K, Yoshida Y*, Wuriyanghai Y, Chen J, Hattori T, Ohno S, Kita T, Horie M, Yamanaka S, Kimura T. Ultrastructural Maturation of Human-Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiomyocytes in a Long-Term Culture. Circ J. 2013 Apr 25;77(5):1307-14. * Corresponding author
  3. Yoshida Y*, Yamanaka S. An emerging strategy of gene therapy for cardiac disease. Circ Res. 2012 Oct 12;111(9):1108-10. * Corresponding author
  4. Yoshida Y*, Yamanaka S* Labor pains of new technology: direct cardiac reprogramming Circ Res. 2012 Jun 22;111(1):3-4 * Corresponding author
  5. Yoshida Y*, Yamanaka S* iPS cells : A source of cardiac regeneration J Mol Cell Cardiol, 2011 Feb;50(2):327-32 * Corresponding author
  6. Yoshida Y*, Yamanaka S* Induced pluripotent stem cells for disease modeling and stem cell-based regeneration Circulation. 2010 Jul 6;122(1):80–87 * Corresponding author
  7. Yoshida Y, Morimoto T, Takaya T, Kawamura T, Sunagawa Y, Wada H, Fujita M, Shimatsu A, Kita T, Hasegawa K. (2010) Aldosterone signaling associates with p300/GATA4 transcriptional pathway during hypertrophic responses in cardiomyocytes Circ J. 2010 Jan;74(1):156–162
  8. Yoshida, Y*., Takahashi, K., Okita, K., Ichisaka, T., and Yamanaka, S*. Hypoxia enhances the generation of induced pluripotent stem cells Cell Stem Cell. 2009 Sep 4;5(3):237-241. * Corresponding author
  9. Nakashima Y, Ono K, Yoshida Y, Kojima Y, Kita T, Tanaka M, Kimura T. The search for Nkx2-5-regulated genes using purified embryonic stem cell-derived cardiomyocytes with Nkx2-5 gene targeting Biochem Biophys Res Commun 2009 Dec 18;390(3):821-826
  10. Kojima Y, Ono K, Inoue K, Takagi Y, Kikuta K, Nishimura M, Yoshida Y, Nakashima Y, Matsumae H, Furukawa Y, Mikuni N, Nobuyoshi M, Kimura T, Kita T, Tanaka M. Progranulin expression in advanced human atherosclerotic plaque. Atherosclerosis. 2009 Sep;206(1):102-8
  11. Matsumae H, Yoshida Y, Ono K, Togi K, Inoue K, Furukawa Y, Nakashima Y, Kojima Y, Nobuyoshi M, Kita T, Tanaka M. CCN1 knockdown suppresses neointimal hyperplasia in a rat artery balloon injury model. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2008 Jun;28(6):1077-83.
  12. Yoshida Y, Togi K, Matsumae H, Nakashima Y, Kojima Y, Yamamoto H, Ono K, Nakamura T, Kita T, Tanaka M. CCN1 protects cardiomyocytes from oxidative stress via beta1 integrin-Akt pathway. Biochem Biophys Res Commun. 2007 Apr 13; 355(3):611-8.
  13. Kawamoto T, Togi K, Yamauchi R, Yoshida Y, Nakashima Y, Kita T, Tanaka M. Endothelin-1 activates Homer 1alpha expression via mitogen-activated protein kinase in cardiac myocytes. Int J Mol Med. 2006 Jul;18(1):193-6.
  14. Togi K, Yoshida Y, Matsumae H, Nakashima Y, Kita T, Tanaka M. Essential role of Hand2 in interventricular septum formation and trabeculation during cardiac development Biochem Biophys Res Commun. 2006 Apr 28; 343 (1):144-51.
  15. Togi K, Kawamoto T, Yamauchi R, Yoshida Y, Kita T, Tanaka M. Role of Hand1/eHAND in the dorso-ventral patterning and interventricular septum formation in the embryonic heart. Mol Cell Biol. 2004 Jun; 24(11):4627-35.
  16. Park SJ, Park SW, Hong MK, Lee CW, Lee JH, Kim JJ, Jang YS, Shin EK, Yoshida Y, Tamura T, Kimura T, Nobuyoshi M. Long-term (three-year) outcomes after stenting of unprotected left main coronary artery stenosis in patients with normal left ventricular function. Am J Cardiol. 2003 Jan 1; 91(1):12-6.
  17. Kimura T, Abe K, Shizuta S, Odashiro K, Yoshida Y, Sakai K, Kaitani K, Inoue K, Nakagawa Y, Yokoi H, Iwabuchi M, Hamasaki N, Nosaka H, Nobuyoshi M. Long-term clinical and angiographic follow-up after coronary stent placement in native coronary arteries. Circulation. 2002 Jun 25; 105(25):2986-91.
ページの先頭へ

メンバー募集

大学院生を募集しています。 iPS細胞の臨床応用に向けた研究に興味のある方、心疾患の新しい治療法の開発や創薬に興味のある方、心筋の分化発生、成熟に興味のある方、吉田までご連絡ください。


ページの先頭へ